サイバー犯罪捜査官養成学校、同窓生同士の通信にPKIを導入(米国防総省) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

サイバー犯罪捜査官養成学校、同窓生同士の通信にPKIを導入(米国防総省)

 米国防省総省がメリーランド州に開設したサイバー犯罪捜査官養成学校(DCITP)のコンピュータ・システムにPKI(公開鍵インフラ)が構築され、同校の生徒や卒業生はプライベートなウェブサイトを介して安全な通信が行えるようになった。

国際 海外情報
 米国防省総省がメリーランド州に開設したサイバー犯罪捜査官養成学校(DCITP)のコンピュータ・システムにPKI(公開鍵インフラ)が構築され、同校の生徒や卒業生はプライベートなウェブサイトを介して安全な通信が行えるようになった。

 DCITPの事務局長Greg Redfern氏によると、2月初旬生徒たちにバー・コードや磁気ストリップ、埋め込みチップなどの機能を搭載したスマートカード『Common access Card』を配布した。生徒たちは、同カードを各々のPCカード・リーダーに入れて、DCITPのプライベート・サイトにアクセスする。アクセスした後は、生徒同士や卒業生とのチャット、コース更新情報の入手、スレッド化された議論などが行える。ユーザがどんなドメインからでもアクセスできるよう、同サイトのアドレスは.milではなく.govとなっている。そのため、同サイトの全データは重要であるが、機密指定外もしくはそれ以下に分類されているという。「アクセスは重要な問題だ。理由は、DCITPに関わる地方や州の捜査官たちが、自宅のPCから商業用ISPを介して同サイトへのアクセスを望むからだ」と同氏は説明した。128ビットの暗号技術を提供するSymantec社のセキュリティ製品『Raptor Firewalls』が同システムを保護しており、Secure Sockets LayerリンクがDCITPのウェブサイトの伝送を暗号化している。

 過去18ヶ月間に約1300人におよぶ連邦や州そして地方捜査官がDCITPのコースを履修した。DCITPの一般課程を修了すると、サイバー犯罪の法的捜査を担当できる。


《ScanNetSecurity》

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

    日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

  2. モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」

    モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」PR

  3. NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

    NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

  4. オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

    オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

  5. NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

    NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

  6. マイクロソフトが10月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済の「Windows(Win32k)の脆弱性」含む

    マイクロソフトが10月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済の「Windows(Win32k)の脆弱性」含む

  7. ちばシティポイント業務委託先の管理サーバに不正アクセス、利用者の情報が流出の可能性

    ちばシティポイント業務委託先の管理サーバに不正アクセス、利用者の情報が流出の可能性

  8. PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

    PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

  9. ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

    ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

  10. 非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

    非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

ランキングをもっと見る