サイバー犯罪捜査官養成学校、同窓生同士の通信にPKIを導入(米国防総省) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

サイバー犯罪捜査官養成学校、同窓生同士の通信にPKIを導入(米国防総省)

 米国防省総省がメリーランド州に開設したサイバー犯罪捜査官養成学校(DCITP)のコンピュータ・システムにPKI(公開鍵インフラ)が構築され、同校の生徒や卒業生はプライベートなウェブサイトを介して安全な通信が行えるようになった。

国際 海外情報
 米国防省総省がメリーランド州に開設したサイバー犯罪捜査官養成学校(DCITP)のコンピュータ・システムにPKI(公開鍵インフラ)が構築され、同校の生徒や卒業生はプライベートなウェブサイトを介して安全な通信が行えるようになった。

 DCITPの事務局長Greg Redfern氏によると、2月初旬生徒たちにバー・コードや磁気ストリップ、埋め込みチップなどの機能を搭載したスマートカード『Common access Card』を配布した。生徒たちは、同カードを各々のPCカード・リーダーに入れて、DCITPのプライベート・サイトにアクセスする。アクセスした後は、生徒同士や卒業生とのチャット、コース更新情報の入手、スレッド化された議論などが行える。ユーザがどんなドメインからでもアクセスできるよう、同サイトのアドレスは.milではなく.govとなっている。そのため、同サイトの全データは重要であるが、機密指定外もしくはそれ以下に分類されているという。「アクセスは重要な問題だ。理由は、DCITPに関わる地方や州の捜査官たちが、自宅のPCから商業用ISPを介して同サイトへのアクセスを望むからだ」と同氏は説明した。128ビットの暗号技術を提供するSymantec社のセキュリティ製品『Raptor Firewalls』が同システムを保護しており、Secure Sockets LayerリンクがDCITPのウェブサイトの伝送を暗号化している。

 過去18ヶ月間に約1300人におよぶ連邦や州そして地方捜査官がDCITPのコースを履修した。DCITPの一般課程を修了すると、サイバー犯罪の法的捜査を担当できる。


《ScanNetSecurity》

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  4. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  10. インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

    インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

ランキングをもっと見る