2011年第2四半期の脅威は混乱期、新たな課題も--四半期レポート(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

2011年第2四半期の脅威は混乱期、新たな課題も--四半期レポート(マカフィー)

マカフィー株式会社は8月29日、2011年第2四半期の「McAfee脅威レポート」を発表した。2011年の脅威状況は混沌としており、LulzSecやAnonymousなどのハクティビストグループの問題だけでなく、利用されるマルウェアや攻撃対象の端末にも変化が起きているという。この四半

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は8月29日、2011年第2四半期の「McAfee脅威レポート」を発表した。2011年の脅威状況は混沌としており、LulzSecやAnonymousなどのハクティビストグループの問題だけでなく、利用されるマルウェアや攻撃対象の端末にも変化が起きているという。この四半期に活発に活動したハクティビストにLulzSecが挙げられるが、このグループは「lulz」(メールの「LOL」あるいは「高笑いすること」)を目的にネットワークやサーバに手際良く侵入し、ユーザ名やパスワードなどを盗み出している。この影響はまだ続いており、セキュリティ業界は基本的な前提のいくつかを見直す必要があるかもしれないとしている。

また、同四半期の大きな変化として、モバイルマルウェアが狙う3番目のプラットフォームにAndroid が登場したことを挙げている。この四半期は、新しいモバイルマルウェアの中でAndroidを狙うマルウェアが1位になり、2位のJ2ME(Java Micro Edition)を大きく引き離し、全体の2/3を占めた。金銭目的で携帯端末を攻撃するマルウェアも増加しており、サイバー犯罪者が使用するツールキットやサービスの価格にも変化が見られるという。Macを狙う偽のウイルス対策ソフトウェアの数も急増した。ボットネットとメッセージングの脅威は過去最低の水準を維持しているが、再び増加し始めている。
(吉澤亨史)

http://www.mcafee.com/japan/security/threatreport11q2.asp

《ScanNetSecurity》

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

    若手社員の半数以上「情報漏えいより締め切りが大切」IT部門との確執浮き彫り

  2. 「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

    「教科書レンタル詐欺」Amazonに1億7千万円の被害与えた36歳、洗練された詐欺スキーム

  3. 株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

    株式会社祭の業務委託メンバーが不正アクセス、会計情報を公開

  4. ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

    ウイルス感染で東亜電気がシステム障害、復旧するも社内情報の一部漏えい確認

  5. 東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

    東大管理のサーバに管理者権限で不正アクセス、IDと暗号化されたパスワード等流出の可能性

  6. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、現行システムでの廃止を決定

  7. コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

    コックフーズへランサムウェア攻撃、業務データの多くが暗号化

  8. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、データの外部送信の可能性は否定できず対象も不明

  9. 発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

    発見した攻撃者を泳がせ・妨害し・諦めさせる ~ TEAM T5 の特筆すべき成功例「オペレーション:アイ アム トム」

  10. オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

    オリンパス、米州での不正アクセスで一部データ流出の可能性

ランキングをもっと見る