2011年第2四半期の脅威は混乱期、新たな課題も--四半期レポート(マカフィー) | ScanNetSecurity
2024.05.27(月)

2011年第2四半期の脅威は混乱期、新たな課題も--四半期レポート(マカフィー)

マカフィー株式会社は8月29日、2011年第2四半期の「McAfee脅威レポート」を発表した。2011年の脅威状況は混沌としており、LulzSecやAnonymousなどのハクティビストグループの問題だけでなく、利用されるマルウェアや攻撃対象の端末にも変化が起きているという。この四半

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
マカフィー株式会社は8月29日、2011年第2四半期の「McAfee脅威レポート」を発表した。2011年の脅威状況は混沌としており、LulzSecやAnonymousなどのハクティビストグループの問題だけでなく、利用されるマルウェアや攻撃対象の端末にも変化が起きているという。この四半期に活発に活動したハクティビストにLulzSecが挙げられるが、このグループは「lulz」(メールの「LOL」あるいは「高笑いすること」)を目的にネットワークやサーバに手際良く侵入し、ユーザ名やパスワードなどを盗み出している。この影響はまだ続いており、セキュリティ業界は基本的な前提のいくつかを見直す必要があるかもしれないとしている。

また、同四半期の大きな変化として、モバイルマルウェアが狙う3番目のプラットフォームにAndroid が登場したことを挙げている。この四半期は、新しいモバイルマルウェアの中でAndroidを狙うマルウェアが1位になり、2位のJ2ME(Java Micro Edition)を大きく引き離し、全体の2/3を占めた。金銭目的で携帯端末を攻撃するマルウェアも増加しており、サイバー犯罪者が使用するツールキットやサービスの価格にも変化が見られるという。Macを狙う偽のウイルス対策ソフトウェアの数も急増した。ボットネットとメッセージングの脅威は過去最低の水準を維持しているが、再び増加し始めている。
(吉澤亨史)

http://www.mcafee.com/japan/security/threatreport11q2.asp

《ScanNetSecurity》

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  2. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  3. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  4. 2 時間後に気づいたサポート詐欺 ~ 大東文化大学 非常勤講師 PC に不正アクセス

    2 時間後に気づいたサポート詐欺 ~ 大東文化大学 非常勤講師 PC に不正アクセス

  5. インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

    インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

  6. 2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

    2023年にネットバンキングの不正送金が急増した理由

  7. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    攻撃者のあの手この手、リアルな攻撃&リアルな現状を知る専門家が警鐘を鳴らす ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  10. Proofpoint Blog 37回「RSAカンファレンス2024:現地レポート」

    Proofpoint Blog 37回「RSAカンファレンス2024:現地レポート」

ランキングをもっと見る