工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第3回「天と地」 | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第3回「天と地」

笑いがこみ上げてきた。そしてひとしきり笑うと怖くなった。もしかしたら、つかまるんじゃないかという気がした。まあ、こんなことやって、怖がるのも変だけど、やっぱり怖い。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

時間が零時を回っていたこともあって、すぐには反応がなかった。

まず数件のアクセスがあり、それからリツイートされた。数分後には、リツイートの嵐だ。あっという間に、Twitterのタイムラインが私のツイートのリツイートで覆われた。

そしてものすごい勢いでふぉぼったーさんから、あんたトップだよ!というツイートが飛んでくる。ふぉぼったーさんは、ツイートのふぁぼとRTを数えて1時間ごとにランキングをツイートしているのだ。昨晩から私はランキングを独占している。

あっという間にフォロワーは数千人を超え、夜が明ける頃には1万人に達していた。

笑いがこみ上げてきた。そしてひとしきり笑うと怖くなった。もしかしたら、つかまるんじゃないかという気がした。まあ、こんなことやって、怖がるのも変だけど、やっぱり怖い。

そのうち、ネットニュースに私のことが載ったというツイートが流れ出した。でも見るのは怖い。でも状況を知らなきゃ話にならない。おそるおそるネットニュースのサイトを開いた。

マウスを持つ手がじっとりと汗ばんで、ぬるぬるした。気がつくと口が開けっぱなしだ。道理で喉が渇くと思った。口で、はあはあ息して、お前は犬か。

「キタ」

ヤフーのニュースに載っていた。私がやったんだ。身体の半分がぴょーんと跳ね上がった。私は天才だ。もう半分はまっさかさまにウツに落ちた。どうしよう。犯罪者だよ、これ。捕まったら人生終わりかも。

でも、捕まらないよな。LulzSecだって捕まってない。なんでこの私が捕まるんだ。どうやったってわかるはずがない。私はWizard級ハッカー様だぞ。

ふと気がつくとメールが大量に来ている。Twitterのフォロワーが増えるごとにメールが届くようにしていたのだ。数を見て驚いた。1万件だって。笑っちゃう。

どんどん増えてる。ヤバイ、メールBOXがいっぱいになっちゃう。パンクはしないだろうけど、こんなのいちいち見てらんねえ。あわてて設定を変えて、フォロワーが増えてもメールで通知が来ないようにした。

フォロワーの数は、朝10時に2万人を超えた。自分がえらくなったような気分。不安な気持ちは千尋の谷に突き落として、軽々と次のステップに移るべし。

警察は、きっとアクセス元を調べようとするだろうけど、私の知識ではTwitterからアクセス元をたどるのは困難だ。Twitter運営会社は犯罪集団を追い出すこともない。どちらも、LulzSec騒動の時に明らかになった。

私は満足して、ネットを離脱した。次の仕事は1週間後だ。

>> つづき

《一田和樹》

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

  2. インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

    インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

  3. 「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

    「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

  4. ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

  5. BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

    BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

  6. ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

    ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

  7. IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

    IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

  8. 「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

    「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

  9. 監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

    監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

  10. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

ランキングをもっと見る