「サイバー戦争論 : ナショナルセキュリティの現在」 伊東 寛 (ブックレビュー) | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

「サイバー戦争論 : ナショナルセキュリティの現在」 伊東 寛 (ブックレビュー)

もうひとつ書いておかなければならないことがある。書評からは離れるが、本書にはひとつ致命的な問題がある。

調査・レポート・白書・ガイドライン ブックレビュー
「サイバー戦争論 : ナショナルセキュリティの現在」 伊東 寛 著
「サイバー戦争論 : ナショナルセキュリティの現在」 伊東 寛 著 全 1 枚 拡大写真
日本最初かつ唯一の専門家によるサイバー戦争の専門書である。作者の伊東寛氏は、陸上自衛隊のシステム防護隊初代隊長であり、退官後もシマンテック総合研究所主任アナリスト、株式会社ラック常務理事およびナショナルセキュリティ研究所所長を歴任してきた。常にサイバーセキュリティの最前線を歩いてきたばりばりの方である。

本書は、その伊東氏の集大成といえる。現場を見てきただけでなく、莫大な情報と資料を読み込んだ成果がこの一冊に詰まっている。

歴史的背景、サイバー技術と戦争のかかわり、サイバー戦の機能や特徴、過去のサイバー戦の実例、サイバー兵器と戦士、法的問題など包括的な話題を取り扱っている。過去の事例や諸外国の動きも抑えてあり、未解決の課題にも触れている。

本書は当初、自衛隊のサイバー戦関係者を想定していたが、その後一般読者にもわかりやすいよう修正を加えたそうである。そのため、一般になじみのない用語については、適宜注釈がつけられていてわかりやすくなっている。同じページの下段に注釈があるのは、そのまま読み続けられるので便利だろう。また、それとは別に巻末に用語集もあるので、これはこれで言葉だけ知りたい時に重宝する。サイバー関係の言葉は、定番となるような用語集が存在しないので、こうした用語集の存在はとても助かる。

《一田 和樹》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

    ほくやく・竹山ホールディングスにランサムウェア攻撃、コールセンターとメールシステムは制限付きで稼働

ランキングをもっと見る