世論操作を狙うフェイクニュースの実態を調査、中国やロシアで複数サービス(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

世論操作を狙うフェイクニュースの実態を調査、中国やロシアで複数サービス(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、フェイクニュースに関する調査結果を、「トレンドマイクロ セキュリティブログ」にて全3回にわたって公開するとして、同調査のサマリを発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
ニュースサイトへの記事掲載が可能とする中国のサービスの価格表例
ニュースサイトへの記事掲載が可能とする中国のサービスの価格表例 全 3 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は8月29日、フェイクニュースに関する調査結果を、同日より「トレンドマイクロ セキュリティブログ」にて全3回にわたって公開するとして、同調査のサマリを発表した。フェイクニュースとは、社会情勢に影響を与える世論の操作を目的とした、サイバープロパガンダ(宣伝工作)の一種。フェイクニュースのプロセスを「作成・発信」と「拡散」に分類し、それぞれで用いられるアンダーグラウンドサービスや悪用され得る正規サービスについて調査している。

「作成・発信」では、中国やロシアで記事の作成や掲載を請け負うサービスを確認。中国のサービスでは、800ワードまでが100元(約1,600円)、1,500ワードまでが200元(約3,300円)で記事を作成、作成した記事を500~1,300元(約8,200~2万1,000円)で希望のニュースサイトや新聞などで発信できるサービスが存在していた。ロシアのサービスでは、4,000~6,000文字までの記事を作成し、ロシア国内のニュースサイトに掲載することを30万~55万ルーブル(約54万~99万円)などで請け負っていることもわかったという。

「拡散」では、フェイクニュースのプロモーションを請け負うサービスを確認。1ルーブル~170ルーブル(約2円~約310円)で、Instagramで1,000件の「いいね!」を得たり、190ルーブル(約340円)で、Twitterで1,000件のフォロワーを得られるサービスも確認された。別のサイトでは、Facebookの投稿に対して、188米ドル(約2万1,000円)~250米ドル(約2万8,000円)で、1カ月で1,000件のコメントをつけるサービスもあった。インターネット上で行われるアンケートやオンライン署名活動などの結果を操作するサービスも存在するという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  3. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  4. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  6. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

  7. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  8. 北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

    北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

  9. 北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

    北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

  10. 日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

    日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

ランキングをもっと見る