ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)

DTRSは、IISECと「人工知能を用いたダークウェブからのインテリジェンス抽出手法の研究」を共同で開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC)
ダークウェブからAIで情報収集(DTRS、IISEC) 全 1 枚 拡大写真
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社(DTRS)は12月4日、情報セキュリティ大学院大学(IISEC)と「人工知能を用いたダークウェブからのインテリジェンス抽出手法の研究」を共同で開始したと発表した。研究期間は2018年3月31日までを予定している。同研究は、ダークウェブから収集した情報をサイバーインテリジェンスとして、インシデント予防に役立てることを目的とするもの。

ダークウェブから得られる情報は、膨大な反面、信頼性の低い情報が多く、現状ではインテリジェンスに関するリサーチャーが手作業で有用な情報を判別している。このためコストが高くなる上に、精度や処理速度がばらつく課題がある。そこで同研究では、「自動化する範囲を明確化」「ダークウェブから情報を実験データとして収集し、そのうち有用な情報を教師データとして選定」「収集した実験データと選定した教師データを使用し、人工知能を用いた分析の自動化の実験」の3つのアプローチによって、インテリジェンス業務における情報分析の効率化を図るという。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

    “衛る” を最大化するセキュリティ競技 Hardening Project ~ 組織力を問う新ルールで初の宮古島開催

  2. 仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

    仮想通貨を要求する日本語の脅迫メール確認(JPCERT/CC)

  3. サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進む

    サンドボックスと張り合うメールセキュリティ製品、大企業や金融に導入進むPR

  4. サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

    サイバーインテリジェンス、サービスの実力と利用料金

  5. 新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

    新宿区がシングルベンダによる多層防御を構築(トレンドマイクロ)

  6. ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

    ローソンアプリを使ったdポイントの不正利用が判明、「デジタルdポイントカードサービス」を一時停止に(ローソン)

  7. 夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制

    夢は Black Hat USA で講演 ~ キヤノンITS マルウェアラボ潜入記、設立目的と体制PR

  8. MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

    MyJCBを騙るフィッシングメール、期限を設定も記載はなし(フィッシング対策協議会)

  9. 受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

    受信契約者の個人情報が含まれる帳票を紛失(NHK)

  10. リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

    リスト攻撃と推測される不正ログインでワオンポイントが別のカードに移行される被害(イオンマーケティング)

ランキングをもっと見る