FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(2)CPU とマルウェア | ScanNetSecurity
2020.02.19(水)

FFRI 鵜飼裕司の Black Hat USA 2018 注目 Briefings(2)CPU とマルウェア

今回いつもとは違うところで、CPU 関連の研究発表がいくつかあって、ここを注力してみようかなと思っています。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
「一体何が起きているんだということも含めて CPU 関連の発表を見ておくべき」株式会社FFRI 鵜飼 裕司 氏
「一体何が起きているんだということも含めて CPU 関連の発表を見ておくべき」株式会社FFRI 鵜飼 裕司 氏 全 1 枚 拡大写真
サイバーセキュリティのトレンドを牽引する国際会議 Black Hat 初のアジア人ボードメンバーとして、2012年から応募論文の審査にあたる、株式会社 FFRI の鵜飼裕司氏に、今週8月8日(水)、8月9日(木)の 2 日間にわたって米ラスベガスのマンダレイベイ コンベンションセンターで開催される Black Hat USA 2018 Briefings の注目発表を聞いた。


――鵜飼さんの今年の Black Hat USA 2018 Briefings の注目セッションを教えて下さい。

まずはやはり、今回いつもとは違うところで、CPU 関連の研究発表がいくつかあって、ここを注力してみようかなと思っています。CPU って枯れた話というか、本来はそうあるべきなんですが。

――今年の年初からそうではなくなりました。

一体何が起きているんだということも含めて見ておくべきだろうと思っていて、研究者が注目しはじめたというとこもあるんだと思うんですけれども、解析の技術が少しずつ確立していますので、いわゆる IoT セキュリティが言われ始めた当初ぐらいの感じに近かったらイヤだなというところです。

いわゆる「 IoT セキュリティ」って、 IoT という名前以前に「組み込み」というカテゴリで Black Hat で取りあげられはじめて、やがてトラックができていきました。当初はそんなに解析の技術がなかったので、やる人が非常に少なかったんですが、その後一気に増えた。

さすがに CPU なのでそこまでいろんなものがあるとは思えないですけども、解析技術が確立してきてみたいな流れがあったらイヤだなと思います。

――いわばこれから急伸する「未知の大陸」ですか。

ひょっとしたら未知の大陸かもしれない。未知の大陸だったら大変なので、そうなのかどうか見ておく必要があるだろうと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  2. 新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

    新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

  3. 攻撃プロセスなど不正アクセスに関する情報を共有(三菱電機)

    攻撃プロセスなど不正アクセスに関する情報を共有(三菱電機)

  4. 上野宣氏のような人材も 情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO」正式サービスイン(GSX)

    上野宣氏のような人材も 情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO」正式サービスイン(GSX)

  5. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  6. 「情報セキュリティ文化賞」発表、上野宣氏、川口洋氏など6名が受賞(情報セキュリティ大学院大学)

    「情報セキュリティ文化賞」発表、上野宣氏、川口洋氏など6名が受賞(情報セキュリティ大学院大学)

  7. タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

    タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

  8. マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  9. 不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA)

    不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA)

  10. サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

    サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る