諜報機関 MI6、DHS、CIA、NSA 元長官が考えるサイバー戦争国際ルール(The Register) | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

諜報機関 MI6、DHS、CIA、NSA 元長官が考えるサイバー戦争国際ルール(The Register)

2016 年アメリカ大統領選におけるロシアの介入が民主主義にもたらした影響はニューヨークのテロ攻撃に匹敵するものであるかもしれない、と示唆した。

国際 TheRegister
オープンワールド

 諜報分野の元リーダーたちは、サイバー戦争への取り組みに関する国際的なルール作りと、公共セクターと民間セクターが協力して重要インフラストラクチャーを守る必要性を訴えた。

 このような発言があったのは、サンフランシスコで開催された今年のオラクル・オープンワールドでのセキュリティに関する基調講演において。例年のように熱心な顧客たちが多数居並ぶのではなく、共同 CEO マーク・ハード氏が三人の元スパイとステージに上がった。

 2004 年から 2009 年にかけてイギリスの秘密情報部 MI6 を率いたジョン・スカーレット氏は、当時サイバー攻撃に関しては「ゲームのルールといった考え」は存在せず、国際的なあるいは法的な体制もなかった、と述べた。そして、氏が現代の聴衆たちに語ったところによるとこのようなルール不在の状態が様々なアクターたちの間に常に大きな緊張と競争状態を引き起こしていた。

 しかし氏も認めるように「皆が同意する関与のルールを決めるのは難しく」、各勢力がこのルールを正直に守ると信ずる国が果たしてあるのかどうかもはなはだ疑問である。

 攻撃と防御についての古い考え方はサイバーの脅威には通用しなかった、としてスカーレット氏は「私たちは考え方を変えていく必要がある」と述べた。

  1. 1
  2. 2
  3. 続きを読む

《The Register》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. 「マンション売却相談センター」に問い合わせた顧客の個人情報が閲覧可能に

    「マンション売却相談センター」に問い合わせた顧客の個人情報が閲覧可能に

ランキングをもっと見る