2018年はソーシャルエンジニアリングやフィッシングが前年比2倍に、Webサーバへの攻撃は減少(CrowdStrike) | ScanNetSecurity
2019.11.21(木)

2018年はソーシャルエンジニアリングやフィッシングが前年比2倍に、Webサーバへの攻撃は減少(CrowdStrike)

CrowdStrikeは、2018年のセキュリティ侵害の傾向を明らかにした「CrowdStrike Cyber Intrusion Services Casebook 2018(サイバーセキュリティ侵害調査報告書 2018)」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
攻撃動機別比率一覧、知的財産( IP )を盗む目的が 30 %を占める
攻撃動機別比率一覧、知的財産( IP )を盗む目的が 30 %を占める 全 1 枚 拡大写真
CrowdStrikeは12月12日、2018年のセキュリティ侵害の傾向を明らかにした「CrowdStrike Cyber Intrusion Services Casebook 2018(サイバーセキュリティ侵害調査報告書 2018)」を公開した。この報告書は、2018年に発生したインシデントレスポンス(IR)の最前線から収取した知見とインサイトを提供するもの。また、重要なデータを保護し、セキュリティ侵害対策および侵害の検知および対応の向上を考える組織への提言も行っている。

報告書によると、2018年にCrowdStrikeが携わった、サイバー侵害を受けた200件以上の組織のうち、サイバー攻撃による侵害を自社内で検知できたケースは75%であった。昨年から増加はしているが、増加率は7%にとどまっている。ドエルタイム(ある侵害が最初に発生した日から検知された日までの期間)も平均85日と2017年の調査結果(86日)とほぼ同等となっている。

また、IR事例全体を通して、ソーシャルエンジニアリング、フィッシングおよびスピアフィッシングを活用した攻撃数が2017年の11%から、2018年には33%と大きく増加した。これはBEC(ビジネスメール詐欺)の隆盛によるという。一方、Webサーバに対する攻撃数は、単一ベクトル攻撃としては最大であるものの、前年の37%から19.7%に減少している。

CrowdStrike Servicesプレジデント兼最高セキュリティ責任者(CSO)であるショーン・ヘンリー氏は「企業がより積極的なサイバーセキュリティ対策を実践するためには、新たな攻撃手法の動向と攻撃者の動機を理解することが極めて重要。自身の企業がターゲットとなるか否かは問題ではない」と述べている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

    レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

  2. プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

    プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

  3. 社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

    社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

  4. 新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

    新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

  5. オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

    オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

  6. フィリピン子会社のPCがEMOTETに感染、アドレス帳が窃取被害(双葉電子工業)

    フィリピン子会社のPCがEMOTETに感染、アドレス帳が窃取被害(双葉電子工業)

  7. 「ゼロフィット公式オンラインショップ」に不正アクセス、3年半分の決済情報が流出(イオンスポーツ)

    「ゼロフィット公式オンラインショップ」に不正アクセス、3年半分の決済情報が流出(イオンスポーツ)

  8. 「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

    「Windows 7よ永遠に」プログラム書き込み禁止でWindows 7を使い続けられるソフト(電机本舗)

  9. 電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

    電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

  10. Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

    Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

ランキングをもっと見る