サイバー保険の認知率、サイバー攻撃への危機意識とともに調査(日本損害保険協会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.19(月)

サイバー保険の認知率、サイバー攻撃への危機意識とともに調査(日本損害保険協会)

日本損害保険協会は、サイバーセキュリティやサイバー保険に関するアンケート調査「サイバー保険に関する調査2018」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
サイバー保険認知状況
サイバー保険認知状況 全 3 枚 拡大写真
一般社団法人 日本損害保険協会は3月11日、サイバーセキュリティやサイバー保険に関するアンケート調査「サイバー保険に関する調査2018」の結果を発表した。同調査は2018年12月5日から2019年1月11日、インターネット調査と郵送調査の併用により実施したもの。有効回答社数は1,113社。

調査結果によると、サイバー保険の認知状況は、企業全体では「よく知っている」が7.7%、「ある程度知っている」が17.9%、「名前だけ知っている」が31.7%、「知らない」が42.3%となっており、サイバー保険の内容まで含めた認知度は、未だ低い状況となっている。また、企業規模が小さいほど、認知度が低い傾向にあった。サイバー保険の加入状況は、企業全体での加入率は12%、検討実績のある企業の割合と合わせても、25%程度。50名未満の企業の加入率は4.9%となっている。

自社がサイバー攻撃の対象になる可能性について、企業全体では「可能性がある」が38.9%、「可能性がない」は5.7%、「わからない」は54.9%となっており、60%以上の企業が、自社がサイバー攻撃の対象になる可能性があることを認識していない。なお、「可能性がある」と回答した割合は、従業員1,000名以上の企業では79%であるのに対し、50名未満の企業では25.1%にとどまっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  2. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  3. 規定違反の医師を戒告処分、患者情報を私物USBメモリに保存し紛失(福知山市)

    規定違反の医師を戒告処分、患者情報を私物USBメモリに保存し紛失(福知山市)

  4. 元教育委員会職員がUSB接続制限の無いPC経由でファイル持ち出し、選挙運動へ活用か(平塚市)

    元教育委員会職員がUSB接続制限の無いPC経由でファイル持ち出し、選挙運動へ活用か(平塚市)

  5. FAX誤送信で個人情報流出、複合機とパソコンの登録情報に違い(名古屋市)

    FAX誤送信で個人情報流出、複合機とパソコンの登録情報に違い(名古屋市)

  6. 6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

    6月末からメンテナンス中の「ECオーダー.com」カード情報流出の疑い(チャンピオンソフト、まどそふと、エウクレイア、葉月)

  7. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  8. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

ランキングをもっと見る