いまや攻撃サーバは海外には無い(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.17(水)

いまや攻撃サーバは海外には無い(The Register)

Bromium によると、発見によりこれまでの常識が覆される可能性がある。マルウェア攻撃は主に他国を拠点に行われ、そうした国にはアメリカの捜査権が及ばないというのがこれまでの常識だった。

国際 TheRegister
 アメリカで発生している最大規模のマルウェアやフィッシング攻撃に、アメリカ国内のサーバーが複数関与しているという。

 これを突き止めたのはセキュリティー企業 Bromiumだ。報告書によると、犯人らは攻撃に十数台のサーバーを利用している。現在インターネット上で横行しているマルウェアやフィッシング詐欺のうち、悪名高い Dridex や GandCrab を含む、大規模な攻撃 10 件がこれらのサーバーを介して行われている。

《The Register》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  3. 自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

    自動車サイバーセキュリティコンテスト「Automotive CTF Japan」新たに開催

  4. 日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

    日本生命保険の元社員を威力業務妨害の容疑で逮捕

  5. 新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

    新日本製薬にランサムウェア攻撃、全ての業務は通常通り稼働

ランキングをもっと見る
PageTop