西淀川区役所にて生活保護費にかかる申請書類を紛失(大阪市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.26(月)

西淀川区役所にて生活保護費にかかる申請書類を紛失(大阪市)

大阪市は6月13日、西淀川区役所保健福祉課(生活支援)にて、窓口で受領した生活保護費にかかる申請書類の紛失と事務処理遅延により通院移送費の支給に遅延が発生したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真
大阪市は6月13日、西淀川区役所保健福祉課(生活支援)にて、窓口で受領した生活保護費にかかる申請書類の紛失と事務処理遅延により通院移送費の支給に遅延が発生したことが判明したと発表した。

これは5月21日に、同区での生活保護受給者A氏から、5月23日に他の受給者B氏から、申請書類を提出したが支給がなく現状の確認できない旨の連絡がそれぞれあり確認したところ、A氏とB氏の担当職員が受領した申請書類について事務処理をしていなかったこと、今年度に当該担当職員が担当替えとなった際に本件を後任に引き継がず当該書類を取り込んだままで、さらに保管がずさんであったために受領した書類の一部を紛失したことが判明したというもの。

同区役所では、事務室内を捜索したが現時点では当該書類を発見できていない。なお両氏の申請書類は、いずれも事務室内での紛失であることから外部に漏えいした可能性は非常に低いとしている。

同区役所では6月5日に、B氏に事情を説明し謝罪し申請書類の再提出について依頼、A氏には未支給額が確定し次第、謝罪と事情説明を行った上で申請書類の再提出を依頼予定。

同区役所では、担当内における他の全ての案件について紛失の事案がないか調査を進めるとともに、今後は書類等を受領した際は、担当係長へ速やかに報告し、その記録を残すよう徹底し再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

    米裁判所が異例の常識的判断、Wannacry 仕留めた後 FBI に逮捕された英国人技術者を無罪放免(The Register)

  2. 「Webmin」の脆弱性を標的としたアクセスが増加(警察庁)

    「Webmin」の脆弱性を標的としたアクセスが増加(警察庁)

  3. DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

    DevOpsにはセキュリティ部門の関与が重要と認識するも実態は遠く(トレンドマイクロ)

  4. 権威DNSサーバ「NSD」にゾーンパーサがクラッシュする脆弱性(JPRS)

    権威DNSサーバ「NSD」にゾーンパーサがクラッシュする脆弱性(JPRS)

  5. 会員向けスマホアプリにパスワード型リスト攻撃、16,756件が閲覧された可能性(三井住友カード)

    会員向けスマホアプリにパスワード型リスト攻撃、16,756件が閲覧された可能性(三井住友カード)

  6. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  7. 新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

    新潟へぎそば通販サイトへ不正アクセス、2015年12月以降のカード決済情報流出(小嶋屋総本店)

  8. 帰宅途中で会議書類一時紛失、対策として書類のペーパーレス化徹底も(大阪市)

    帰宅途中で会議書類一時紛失、対策として書類のペーパーレス化徹底も(大阪市)

  9. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  10. 「セキュリティはチームスポーツ」CrowdStrike Services、Mark Goudie 氏インタビュー

    「セキュリティはチームスポーツ」CrowdStrike Services、Mark Goudie 氏インタビューPR

ランキングをもっと見る