水道料金の収納事務委託事業者に対し法人情報記載通知文を別事業者へ誤送付(大阪市) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

水道料金の収納事務委託事業者に対し法人情報記載通知文を別事業者へ誤送付(大阪市)

大阪市は6月25日、大阪市水道局にて水道料金等の収納事務委託事業者に対し契約保証金に関する通知文を別の事業者へ誤送付したことによる法人情報の漏えいが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
大阪市は6月25日、大阪市水道局にて水道料金等の収納事務委託事業者に対し契約保証金に関する通知文を別の事業者へ誤送付したことによる法人情報の漏えいが判明したと発表した。

これは6月24日午後2時10分頃に、同局のお客さまサービス課へ、事業者A社から他の事業者宛ての通知文が含まれていると連絡があり、A社宛ての送信済みメールの添付ファイルを確認したところ、A社の通知文内に複数の事業者宛ての通知内容が誤って添付されていたことが判明したというもの。

また通知文は、収納事務委託事業者8社に対して同日午前中にメール送信しており、添付ファイルを確認したところ、同様の誤送信がA社を含め4件、のべ5事業者の法人情報の漏えいが判明した。

漏えいしたのは5法人分の法人情報(法人名、契約保証金額)。

同市によると、Wordで作成した通知文をメール送信用のPDFファイルに変換する際に、事業者ごとに分割して変換すべきところ、一部にて正しく分割が行われておらず、また、メール送信の際にも添付ファイルの内容確認を怠ったことが誤送付の原因とのこと。

同局では、情報が漏えいした5事業者に対して電話にて事情説明と謝罪を行った。

同局では今後、法人情報等を含む通知文をメール送信する際には、作成時及び送信時に複数人で内容確認を行うことを徹底し再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

    WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

ランキングをもっと見る