情報漏えい事故対応コストは初年度・翌年・さらにその翌年以降も発生(IBM セキュリティー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.23(月)

情報漏えい事故対応コストは初年度・翌年・さらにその翌年以降も発生(IBM セキュリティー)

IBM セキュリティーは、情報漏えいが組織に及ぼす経済的影響について調査した年次調査「2019年情報漏えいのコストに関するレポート」の結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
IBM セキュリティーは7月24日、情報漏えいが組織に及ぼす経済的影響について調査した年次調査「2019年情報漏えいのコストに関するレポート」の結果を発表した。レポートによると、1回の情報漏えいに伴うコストは過去5年間で12%上昇し、現在は平均392万ドルに達している。このような費用の上昇には、「漏えいの経済的影響が複数年にわたること」「規制の強化」「攻撃解決のプロセスの複雑化」といった要因があるとしている。

特に従業員500名未満の企業は、情報漏えいによる損失が平均250万ドル以上であった。小規模企業は、一般的な年間収益が5,000万ドル以下であるため、損失により事業の継続が困難となる可能性もあるとしている。また、漏えいの影響が長期にわたることも判明している。情報漏えいに伴うコストは1年以内に平均全体の67%、2年目に22%、それ以降に11%発生していた。特に規制の厳しい医療や金融、エネルギー、製薬といった業界は2~3年目のコストが大きくなっている。

調査対象となった情報漏えいのうち、半数がサイバー攻撃によるもので、そのコストは偶発的な漏えいより平均100万ドル多かった。また、漏えいの件数1件あたりの平均コストは150ドルであったが、情報の件数が多いほど企業の損失も大きく、100万件以上の情報漏えいで4,200万ドルの損失、5,000万件の漏えいでは3億8,800万ドルに達すると予想している。

同社では、インシデント対応に重点を置いたセキュリティ対策により、企業は対応時艦を短縮するとともに、総コストにも好影響を及ぼすとしている。具体的には、「セキュリティ自動化テクノロジーの導入」(導入企業の漏えいコストは約半分)、「暗号化の広範囲にわたる使用」(漏えいの総コストを36万ドル削減)、「サプライチェーンなどのセキュリティ対策」(関連企業による漏えいコストは平均より37万ドル高い)などを挙げている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

    メールサーバへ海外から不正アクセス、なりすましメールを送信(EPO九州)

  2. Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

    Android版「LINE」に任意コード実行など複数の脆弱性(JVN)

  3. 日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    日本郵便を騙る偽SMS、マイクロソフトを騙る偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  4. 受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

    受験者への合格通知を誤って2名分同封し発送(愛知県)

  5. サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるか

    サイバーセキュリティ技術者の「職人技」どこまで標準化できるかPR

  6. 個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

    個人市民税・府民税の「納税管理人の届出書」を別法人に誤送付(大阪市)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  9. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  10. WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

    WebフィルタリングソフトとWeb分離・無害化製品を連携(ALSI、アシスト)

ランキングをもっと見る