ASEAN のサイバーセキュリティ連携を主導するシンガポールの人材育成計画とは | ScanNetSecurity
2021.01.20(水)

ASEAN のサイバーセキュリティ連携を主導するシンガポールの人材育成計画とは

ますます複雑化、進化し、国境を優に超えて襲ってくるサイバー脅威に対し、我々は官民や地域および国の枠を越えて連携を強化し、人材の育成含めて多角的な観点から施策を講ずる必要がある――。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
シンガポール内務省・保健省財務次官、 Amrin Amin (アムリン・アミン)氏
シンガポール内務省・保健省財務次官、 Amrin Amin (アムリン・アミン)氏 全 3 枚 拡大写真
 ますます複雑化、進化し、国境を優に超えて襲ってくるサイバー脅威に対し、我々は官民や地域および国の枠を越えて連携を強化し、人材の育成含めて多角的な観点から施策を講ずる必要がある――。 7 月 16 ~ 18 日にシンガポールで開催された第 7 回「RSA Conference 2019 Asia Pacific & Japan」(以下、RSAC AP&J)で、シンガポール内務省および保健省の財務次官、 Amrin Amin (アムリン・アミン)氏は、基調講演の会場にそう呼びかけた。同国内務省は RSA Conference AP&J を第 1 回目より後援している。

●国や地域を越えた協力・連携の旗振り役を担うシンガポール

 シンガポールは以前より ASEAN のサイバーセキュリティ対策強化に尽力、協議の場を積極的に提供してきた。 2013 年から始まった「 ASEAN Senior Officials Roundtable on Cybercrime 」では、サイバー犯罪対策に向けた情報共有やスキル開発などでの連携強化をテーマに議論。 2015 年からは中国、日本、韓国がメンバーに加わり、協力体制のさらなる強化を推進している。

 また、シンガポールに開所した国際刑事警察機構(インターポール)のサイバー犯罪捜査支援および研究機関「 INTERPOL Global Complex for Innovation 」とも密に連携。カンファレンス「 INTERPOL World 」を共同開催するほか、 2018 年から開始されたインターポールおよびASEAN加盟国のイニシアティブ「 ASEAN Cyber Capability Desk 」では、加盟国のサイバー犯罪情報の集約および対策につながるリソースとしての情報共有、サイバー犯罪捜査の支援および教育などを実施している。 2018 年 9 月に、タイ・バンコクに開所した「日 ASEAN サイバーセキュリティ能力構築センター」についても、インターポールと協力して ASEAN サイバー能力プログラムを開発。今年 9 月に第 2 期を迎え、「サイバー脅威はすでに一国で対処できるようなレベルではなくなっている。地域や国際間での連携は必須となった今、こうした取り組みは各国にとって非常に意義のあるものであり、大きな実りをもたらす」と Amin 氏は述べる。

●サイバー捜査にフォーカスした人材育成に注力

 こうした連携の中で同国が注力しているのが、人材育成だ。

《谷崎 朋子》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男

    世界ではじめて脆弱性診断士資格「セキュリスト(SecuriST)」を作った三人の男PR

  2. カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

    カプコンへのランサムウェア攻撃、新たに16,406人の情報流出を確認

  3. 神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

    神奈川県と富士通リースがHDD盗難のクリスマス和解 ~ 賠償 4,097 万円 再発防止策差し引き和解金 2,369 万円で合意

  4. kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

    kintoneに連携「kMailer」で不具合、送信ログとして別顧客の情報が流出

  5. #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

    #NoMoreFake 第3回「ファクトチェック」

  6. ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

    ソフトバンク元社員 不正競争防止法違反容疑で逮捕、楽天モバイルに技術情報持ち出し疑い

  7. マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが1月のセキュリティ情報を公開、一部脆弱性については悪用の事実を確認済み

  8. 一体どうバランスを取るか?  高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用

    一体どうバランスを取るか? 高度なサイバー攻撃対策 & 日々のセキュリティ運用PR

  9. IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

    IDC予測、2024年までのセキュリティ製品サービス市場規模

  10. Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

    Sysinternals Suite PsExec において名前付きパイプのハイジャックによりSYSTEM 権限が奪取可能となる手法(Scan Tech Report)

ランキングをもっと見る