メールアドレス誤送信、発覚を恐れ隠蔽(川崎市) | ScanNetSecurity
2020.04.03(金)

メールアドレス誤送信、発覚を恐れ隠蔽(川崎市)

神奈川県川崎市は8月5日、中原区役所まちづくり推進部総務課にて、誤って個人メールアドレスが流出したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
神奈川県川崎市は8月5日、中原区役所まちづくり推進部総務課にて、誤って個人メールアドレスが流出したことが判明したと発表した。

これは同市の中原区役所まちづくり推進部総務課で実施する「警察署・消防署・区役所ぐるぐるツアー」の落選者への抽選結果メールについて、誤ってメールアドレスが表示された状態で各個人に送付するとともに、その後の必要な対応を怠るなど職員の不適切な対応が判明したというもの。

流出したのは、落選者50人のメールアドレス。

同区では7月26日午後4時ごろに、申込者全員に抽選結果メールを送信したが、同日午後5時ごろに当該抽選結果メールを受信者から、他の受信者のアドレスが分かる状態でメールが送信されていると返信があったが、担当職員は当該事実の発覚を恐れ返信メールを削除するとともに、送信済みの抽選結果メール自体も削除し、上司への報告や情報漏えいに対する適切な対応を怠った。その後、8月2日午前11時に、7月26日にメールで指摘を行った落選者から同様のメールが届き、別の職員が対応しこの事実を把握した。

同区では、落選者50名にメールで謝罪するとともに、受信メールを削除するよう依頼した。

同区では、当該職員に厳正に対処するとともに、当該職員も含めた区役所職員に個人情報の保護を徹底するよう更なる指導を行い再発防止に努めてるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

    全国手話検定試験受験者の個人情報記録、USBメモリ紛失(全国手話研修センター全国手話検定試験事務局)

  2. 従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

    従業員が顧客の取引履歴をツイート、社内規定に則り処分予定(晴れる屋)

  3. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  4. ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

    ? ランサムウェアの犯人「新型コロナ危機の間は医療機関を標的にしないことを俺たちは誓う」(The Register)

  5. 成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

    成人動画サービスの顧客情報漏えい続報、原因はCDNのキャッシュか(ソフト・オン・デマンド)

  6. iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

    iPS 細胞研究所の非常勤職員を懲戒解雇、機密書類スキャンや教授宛メール盗み見(京都大学)

  7. メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

    メール誤送信による情報漏えい、事故原因の分析と対策の手がかり

  8. 放射線技師が電子カルテ閲覧、20名の電話番号抜き出し懲戒処分に(大阪市、大阪市民病院機構)

    放射線技師が電子カルテ閲覧、20名の電話番号抜き出し懲戒処分に(大阪市、大阪市民病院機構)

  9. 最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出

    最強のバイリンガルエンジニア集団が開く、グローバルセキュリティエキスパートの東南アジア進出PR

  10. 「人材不足と丸投げ体質が課題」、GSX西日本支社がセキュリティエンジニア教育に本格的に取り組む理由

    「人材不足と丸投げ体質が課題」、GSX西日本支社がセキュリティエンジニア教育に本格的に取り組む理由PR

ランキングをもっと見る