個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市) | ScanNetSecurity
2020.08.14(金)

個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

大阪市は9月11日、「自立支援センター舞洲」の新規入所者と退所者の個人情報を記載した「入所報告書」及び「退所報告書」の紛失が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
大阪市は9月11日、「自立支援センター舞洲」の新規入所者と退所者の個人情報を記載した「入所報告書」及び「退所報告書」の紛失が発生したと発表した。

大阪市福祉局では、就労自立を支援する「自立支援センター舞洲」の管理運営等業務を民間事業者に委託しているが、9月9日に同事業者の職員が「入所報告書」と「退所報告書」を一旦、自宅へ持ち帰り、9月10日に大阪市への提出時に経由する同事業者本部へ持ち込む際に入退所報告書が入った鞄を電車に置き忘れたことが判明したというもので、鞄がないことに気付いた当該職員は、同事業者本部へ報告するとともに鉄道会社の忘れ物センターや警察署に届出を行ったが、現在も発見に至っていない。

紛失した入退所報告書には19名分の氏名、性別、生年月日、野宿生活地、最終住民登録地、入所日、退所日、退所理由、入所中の就労経験の有無が記載されていた。

そもそも個人情報を含む資料の運搬は同事業者の自動車で行うことになっていたが、当該職員が入退所報告書を自宅へ持ち帰り同事業者本部へ持ち込もうとしたこと、また、紛失等のリスクがあるにもかかわらず同市への入退所報告を書類で行っていたことが原因。

同市では再発防止のために、書類で報告を受けている入退所報告書をはじめとした個人情報記載資料について、委託事業者が持ち出す必要がなくなるように暗号化したデータをメールに添付し送付する方法に変更する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

    決済サービス用コンピュータに不正アクセスし決済情報を偽る、21歳男性を逮捕(三重県警察)

  2. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

  3. ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  5. 11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

    11拠点のパソコンがEmotet感染、なりすましメールを送信(ネッツトヨタ静岡)

  6. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  7. 「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

    「ゼロトラストNW」「SASE」新規追加、2020年版ハイプサイクル(ガートナー ジャパン)

  8. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  9. Webサイトへ不正アクセス、国立劇場メルマガ5万件のアドレス流出(日本芸術文化振興会)

    Webサイトへ不正アクセス、国立劇場メルマガ5万件のアドレス流出(日本芸術文化振興会)

  10. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

ランキングをもっと見る