学術論文「人間よりも賢く機能するボット:Google の画像ベースの reCAPTCHA v2 を無効化するオンラインシステム」サマリー(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.15(火)

学術論文「人間よりも賢く機能するボット:Google の画像ベースの reCAPTCHA v2 を無効化するオンラインシステム」サマリー(The Register)

広く使用されているGoogleのボット検出システムを迂回する方法を研究者が示したのはこれが初めてではない。ルイジアナ大学のチームはそれを一歩進めた。

国際 TheRegister
https://developers.google.com/recaptcha/
https://developers.google.com/recaptcha/ 全 1 枚 拡大写真
 米国に拠点を持つ教育機関が、Googleのボット検出システムreCAPTCHAを打ち負かす機械学習システムを開発したと主張している。

 自動化されたスクリプトなどがアカウントを作成したりオンラインで大量にチケットを購入したりするのを防ぐために設計されたreCAPTCHA v2は、1枚または複数の画像を提示し、ネットユーザに車や信号機など特定のオブジェクトを含む部分をクリックするよう求める。人間がいとも簡単に解決できるこれらのチャレンジをボットは一般的に克服できないので、ボットの検出・阻止に役立つ、ということになっている。

《The Register》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

  2. 「ECオーダー.com」利用者のカード情報が流出、7月中旬に漏えい疑いあるも詳細情報得られず(ホビボックス)

    「ECオーダー.com」利用者のカード情報が流出、7月中旬に漏えい疑いあるも詳細情報得られず(ホビボックス)

  3. 「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

    「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

  4. 「iTerm2」にリモートから任意のコマンドを実行される脆弱性(JVN)

    「iTerm2」にリモートから任意のコマンドを実行される脆弱性(JVN)

  5. キャッシュDNSサーバ「Unbound」に異常終了の脆弱性(JPRS)

    キャッシュDNSサーバ「Unbound」に異常終了の脆弱性(JPRS)

  6. 教職員にフィッシングメール、不正アクセスによる大量の迷惑メール送信(金沢大学)

    教職員にフィッシングメール、不正アクセスによる大量の迷惑メール送信(金沢大学)

  7. 「CYBER DEFENSE LIVE TOKYO 2019」を11月14日に開催(ファイア・アイ)

    「CYBER DEFENSE LIVE TOKYO 2019」を11月14日に開催(ファイア・アイ)

  8. AppleがmacOS、iOS、iCloudのセキュリティアップデート公開(JVN)

    AppleがmacOS、iOS、iCloudのセキュリティアップデート公開(JVN)

  9. 個人情報保存HDD紛失、ルール外のため状況把握できず(大阪府)

    個人情報保存HDD紛失、ルール外のため状況把握できず(大阪府)

  10. IoT向けにプログラム改ざん検知ソフト、容量3KB(NEC)

    IoT向けにプログラム改ざん検知ソフト、容量3KB(NEC)

ランキングをもっと見る