委託元の顧客データを誤って他の委託元へ誤送信(トップライン) | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

委託元の顧客データを誤って他の委託元へ誤送信(トップライン)

コールセンターの運営や企画を行う株式会社トップラインは9月16日、委託元の顧客データを誤って他の委託元へメールにて誤送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
公式サイト
公式サイト 全 2 枚 拡大写真
コールセンターの運営や企画を行う株式会社トップラインは9月16日、委託元の顧客データを誤って他の委託元へメールにて誤送信したことが判明したと発表した。

漏えいしたのは、委託元の訪問先住所、氏名、電話番号等の個人情報を含む顧客データ708件。なお同社によると、他の委託元の協力もあり、誤送信した顧客データの拡散は無く、当該メールの破棄の確認が取れている。

同社では今後、個人情報取り扱いの更なる厳格化を図り再発防止に取り組むとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

    三菱電機契約のクラウドサービスに不正アクセス、取引先情報流出

  2. 「これまでPPAP推奨したことはない」旨をプライバシーマークのJIPDECが明言

    「これまでPPAP推奨したことはない」旨をプライバシーマークのJIPDECが明言

  3. 最もよく使われているパスワード、「ポケモン」「NARUTO」「遊戯王」ランクイン

    最もよく使われているパスワード、「ポケモン」「NARUTO」「遊戯王」ランクイン

  4. 「Peatix」に不正アクセス、最大677万件のユーザー情報流出

    「Peatix」に不正アクセス、最大677万件のユーザー情報流出

  5. カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

    カプコンへのランサムウェア攻撃で最大35万件の情報流出、「Ragnar Locker」から身代金要求

  6. 「Disney+」「GitHub」「Imperva」「Tesla」「Zoom」他 9つのセキュリティ侵害分析レポート

    「Disney+」「GitHub」「Imperva」「Tesla」「Zoom」他 9つのセキュリティ侵害分析レポート

  7. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  8. 「お前らの登録情報を頂戴したナリ」衆議院議員のメルマガサーバに不正アクセスし脅迫メール送信

    「お前らの登録情報を頂戴したナリ」衆議院議員のメルマガサーバに不正アクセスし脅迫メール送信

  9. 「ふくいナビ」クラウドの全データ消失、NECキャピタルソリューション社内手続ミスが原因

    「ふくいナビ」クラウドの全データ消失、NECキャピタルソリューション社内手続ミスが原因

  10. 東建コーポレーショングループへの不正アクセスで最大657,096件、約20年分の個人情報が流出

    東建コーポレーショングループへの不正アクセスで最大657,096件、約20年分の個人情報が流出

ランキングをもっと見る