愛知県陶磁美術館主催講座参加者1組の個人情報、メール誤送信により漏えい(愛知県) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

愛知県陶磁美術館主催講座参加者1組の個人情報、メール誤送信により漏えい(愛知県)

愛知県は10月1日、瀬戸市にある愛知県陶磁美術館が主催する「子供工芸講座―親子で茶器をつくってみよう!」の参加者にメール送信した際、誤って参加者1組の個人情報を掲載し一斉送信したことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
愛知県は10月1日、瀬戸市にある愛知県陶磁美術館が主催する「子供工芸講座―親子で茶器をつくってみよう!」の参加者にメール送信した際、誤って参加者1組の個人情報を掲載し一斉送信したことが判明したと発表した。

これは9月30日午前11時3分に、同館担当者が当該事業で作成した作品の引き取り依頼のメールを参加者15名に送信する際に、参加者1名から送信されたメールの返信機能を利用し文書を作成し、一斉送信時にチェックを怠り作成したメールに送信元の参加者(1組)の個人情報が記載されたまま送信したというもの。

漏えいしたのは、参加者(1組)の住所、メールアドレス、携帯電話番号、子どもの氏名・年齢・学年の個人情報。

同館では、参加者1名から他の参加者の個人情報が記載されている旨の指摘を受け、メール送信した14名の参加者にメールと電話で当該メールの削除を依頼した。また、流出した個人情報の対象者には電話で事情を説明し謝罪を行った。

同館では今後、メールを一斉送信する際は、メール返信機能を利用せずに新規にメールを作成することと、複数職員でメール内容のチェックを行うことを徹底し再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  5. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  8. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る