未来はAIでも予測不能:セキュリティ対策で問われる「パスカルの賭け」 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

未来はAIでも予測不能:セキュリティ対策で問われる「パスカルの賭け」

確率論の議論でも取り上げられる「パスカルの賭け」をサイバーセキュリティに当てはめるとどうなるのだろうか。そんな野心的な講演が「Security Days Spring 2019」の1コマで行われた。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
国立情報学研究所 特任准教授 安藤類央氏
国立情報学研究所 特任准教授 安藤類央氏 全 3 枚 拡大写真
 「パスカルの賭け」をご存じだろうか。神が存在するか否かの賭けで、存在を信じていれば賭けに負けても失うものはないが、存在しない方に賭けていると勝敗にかかわらず失うものしかないという「パンセ」の一節に出てくる概念だ。

 確率論の議論でも取り上げられるこの議論をサイバーセキュリティに当てはめるとどうなるのだろうか。そんな野心的な講演が Security Days Spring 2019 の 1 コマで行われた。スピーカーは国立情報学研究所 特任准教授 安藤類央氏。開催は今春だがあえて今取りあげ、非常に示唆に富む内容と興味深い考え方の概要を届けよう。

 ただし講演は、同時に難解でありコンセプチャルなものでもあった。これを文章としてまとめても、限られた誌面では、おそらく実際の講演のすべてをお伝えするのは難しい。また、概念的であるがゆえ、文章に起こしたとき、どうしても執筆者の主観や表現手法のクセなどが入り込んでしまう。

 したがって、本稿においてもし安藤氏の主旨や主張との乖離、誤解、他の受講者との解釈の違いがあったとしたら、その責任はひとえに執筆者本人に帰すものである。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る