債権整理に係る相続人への案内文書を別人へ誤送付(大阪府) | ScanNetSecurity
2020.07.05(日)

債権整理に係る相続人への案内文書を別人へ誤送付(大阪府)

大阪府は11月7日、家庭支援課にて所管する生活つなぎ資金貸付金の債権整理に係る文書の誤送付が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
大阪府は11月7日、家庭支援課にて所管する生活つなぎ資金貸付金の債権整理に係る文書の誤送付が判明したと発表した。

これは2018年11月から2019年3月に、債務者が死亡したために債務者の相続人を調査し戸籍の附票に基づいて債務者の相続人全員の住所等を債務者リストに入力し、10月18日に債務者の相続人全員に当該リストに記載した住所をもとに文書を送付したところ、10月24日に相続人Aから家庭支援課に対し他の相続人へ届いている案内が、未着の旨の連絡があり確認したところ債務者リストに入力誤りがあり第三者の住所への誤送付が発覚したというもの。同課で当該相続人の住所を公用照会で取得した戸籍の附票から債務者リストに入力する際に、住所を誤って入力した上に、発送までに債務者リストの住所チェックが不十分であった。

誤送付した債権整理に係る相続人への案内文書に記載されていたのは、債務者(故人)及び相続人Aの氏名、債務概要(債務名、貸付日、貸付額、未納額、未納額元金、未納額延滞利子)。

同課では10月24日に、相続人Aと誤送付先に経過の説明と謝罪を行った。

同課では今後、戸籍の附票等から債務者リストを作成する際の複数職員での再確認と、発送前に再度の戸籍の附票等と宛先の複数職員での確認を行い再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

    コロナ前のデータで訓練された機械学習モデル、現在完全に破綻

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  4. 金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

    金融機関でのセキュリティ対策やシステム障害など3つのレポートを公開(金融庁)

  5. 汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

    汚染された Tor ブラウザ、狙われるダークウェブ利用者

  6. 「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

    「道具屋さん本店」に不正アクセス、約5ヶ月分のカード決済情報が流出(エース産業機器)

  7. テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

    テレワーク実施実態調査:都道府県別・業界別・職種別

  8. LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

    LINEプロフィール画像改ざん事件、脆弱性検証から逸脱した行為と判断(LINE)

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

    GitHubのコードレビューを自動化、工数を大幅削減する「Sider」提供開始(マクニカネットワークス)

ランキングをもっと見る