誤送信によるメールアドレス流出、判明後に取り消しするも97名に送信(スミリンビジネスサービス) | ScanNetSecurity
2020.10.01(木)

誤送信によるメールアドレス流出、判明後に取り消しするも97名に送信(スミリンビジネスサービス)

住友林業グループの人材派遣会社であるスミリンビジネスサービス株式会社は11月19日、メール誤送信による個人メールアドレスの流出が発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
住友林業グループの人材派遣会社であるスミリンビジネスサービス株式会社は11月19日、メール誤送信による個人メールアドレスの流出が発生したと発表した。

これは11月18日午後3時42分に、同社従業者を含む420名にメール送信した際に、全ての送信先メールアドレスを「To」に入力したため、受信者が互いのメールアドレスが見える状態になったというもの。同社ではメールを受信した同社従業者からの指摘により事態を確認し直ちに送信取り消しを行ったが、同社従業者6名を含む97名の送信取消を行うことが出来ずメールアドレスが流出した。

流出したのは同社従業者を含む420名分のメールアドレス。

同社では11月18日午後5時35分に、送信取り消しが出来なかった97名に対し説明と謝罪の報告を行った。なお流出の全対象者420名には11月30日時点で謝罪等を実施したというアナウンスは無い。

同社では今後、社外の送信先への一斉送信を行う際は宛先を複数名で確認し再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

    情報漏えいにつながる危険な PDF 利用 - Microsoft Word 網掛け機能誤解、情報公開し注意喚起(大船渡市)

  2. 「Emotet」感染PCがメール送信、ドメインをチェックするよう呼びかけ(マルハニチロ)

    「Emotet」感染PCがメール送信、ドメインをチェックするよう呼びかけ(マルハニチロ)

  3. 脆弱性診断士が認定資格に、早ければ来春に第一号合格者誕生か

    脆弱性診断士が認定資格に、早ければ来春に第一号合格者誕生か

  4. テレワークに伴う個人情報漏えい事案と対策を紹介(個人情報保護委員会)

    テレワークに伴う個人情報漏えい事案と対策を紹介(個人情報保護委員会)

  5. 添付ファイルのクリックが原因でEmotetに感染した可能性(龍谷大学生活協同組合)

    添付ファイルのクリックが原因でEmotetに感染した可能性(龍谷大学生活協同組合)

  6. 社員パソコンが「Emotet」に感染、顧客先で不審メールを確認(エン・ジャパン)

    社員パソコンが「Emotet」に感染、顧客先で不審メールを確認(エン・ジャパン)

  7. 「Hulu」にパスワードリスト型攻撃、779件のアカウントが被害に(HJホールディングス)

    「Hulu」にパスワードリスト型攻撃、779件のアカウントが被害に(HJホールディングス)

  8. 日本年金機構情報漏洩事件をMITRE ATT&CKフレームワークでふりかえる

    日本年金機構情報漏洩事件をMITRE ATT&CKフレームワークでふりかえる

  9. 社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

    社内パソコンがウイルス感染、メール送受信履歴に含まれるアドレスへなりすましメールを送付(ライフ)

  10. 「マンションのWi-Fiが遅いから切り替えます」関係者装った悪質勧誘が横行、法に基づき社名を公表(消費者庁)

    「マンションのWi-Fiが遅いから切り替えます」関係者装った悪質勧誘が横行、法に基づき社名を公表(消費者庁)

ランキングをもっと見る