顧客情報を記載した伝票綴りを2支店で紛失、誤廃棄の可能性(京都中央信用金庫) | ScanNetSecurity
2019.12.12(木)

顧客情報を記載した伝票綴りを2支店で紛失、誤廃棄の可能性(京都中央信用金庫)

京都中央信用金庫は11月29日、同金庫2支店にて顧客情報を記載した伝票綴りの紛失が判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真
京都中央信用金庫は11月29日、同金庫2支店にて顧客情報を記載した伝票綴りの紛失が判明したと発表した。

これは10月9日に、同金庫の円町支店にて定例内部監査の際に伝票綴り2分冊のうち1冊が保管されておらず紛失が判明し、本件を受けて11月14日に、全店に保管されている伝票綴りの保管状況を調査したところ三室戸支店でも伝票綴り1冊の紛失が判明したというもの。

紛失したのは、円町支店の2018年12月28日付の伝票綴り1冊(対象顧客数201件)と三室戸支店の2017年7月11日付の伝票綴り1冊(対象顧客数56件)で、氏名、住所、顧客番号、口座番号、電話番号、金額等が記載されていた。

同金庫での内部調査の結果、誤って廃棄した可能性が高く、外部への情報流出の可能性は極めて低く、現時点にて外部からの照会や同金庫への不正要求等は発生していない。

同金庫では今後、営業店における伝票の保管と管理方法を厳格化し再発防止に努めるとのこと。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

    業務を受託している2病院から患者情報を紙資料で持ち出し(インテック)

  2. リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

    リース会社に返却したHDDを委託会社の社員が横領、オークションサイトに流出(神奈川県)

  3. ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

    ペネトレーションテストを明確に定義、事例も掲載したドキュメント公開(脆弱性診断士スキルマッププロジェクト)

  4. 業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

    業務用PCが「Emotet」に感染、不正メールの送信を確認(サンウェル)

  5. マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

    マルウェア「Emotet」の感染被害が急増、対処法や対策など紹介(ラック)

  6. 3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

    3割のフィッシング詐欺サイトがHTTPS、教育,暗号通貨,ストリーミングジャンルが上位(ウェブルート)

  7. 脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

    脅威インテリジェンスの一部機能を無償提供、ファイルやURLを分析可能(カスペルスキー)

  8. 同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

    同一IPから大量の不正アクセス、サーバダウンしプレスリリース配信行えず(PR TIMES)

  9. 不正アクセスで一時閉鎖していたWebサイトを再開(JP共済生協)

    不正アクセスで一時閉鎖していたWebサイトを再開(JP共済生協)

  10. 不正アクセスで10ヶ月分の決済情報が流出、カード不正利用の可能性も(モーターマガジン社)

    不正アクセスで10ヶ月分の決済情報が流出、カード不正利用の可能性も(モーターマガジン社)

ランキングをもっと見る