2020年の脅威にフェイクニュース、機械学習、スマートシティなど(ESET) | ScanNetSecurity
2021.05.08(土)

2020年の脅威にフェイクニュース、機械学習、スマートシティなど(ESET)

ESETは12月18日、2020年サイバーセキュリティトレンド予測レポート「2020年サイバーセキュリティトレンド:テクノロジーは本当にスマートになっているのか?」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ESETは12月18日、2020年サイバーセキュリティトレンド予測レポート「Cybersecurity Trends 2020: Technology is getting smarter - are we?(2020年サイバーセキュリティトレンド:テクノロジーは本当にスマートになっているのか?)」を公開した。同レポートは、ESETの専門家による、2020年にセキュリティ業界に影響を与えると予測されるトレンドを掲載したもの。

レポートでは、2020年に世界中の関心を集めるトピックとして、米国大統領選挙への干渉と情報操作を挙げている。また、「機械学習」「データプライバシー」「スマートビル・スマートシティ」「デジタルトランスフォーメーション」の4つを注目すべき動向として解説している。

フェイクニュースは、2020年も攻撃のために悪用されるとしている。また、機械学習はサイバー犯罪者も利用しており、動画などを改変して、あたかも本人が話しているかのように偽の情報を流すディープフェイクの精度の向上に使われる怖れがあるとしている。データプライバシーは、2019年に多くの国がセキュリティ侵害の公表を義務づける条例や法律を可決・採用した。しかし、個人データの使用をめぐる不信感は依然として存在している。

スマートビル・スマートシティは、IoTの複数の要素が取り入れられているが、安全性を確保する機能は追いついていないとした。デジタルトランスフォーメーションは、企業および組織の脅威となる可能性があり、特に従業員のモビリティの拡大を懸念している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ヤフオク! 落札者情報が取得可能、API 仕様不備

    ヤフオク! 落札者情報が取得可能、API 仕様不備

  2. 実在するドメイン「gmai.com」、タイプミスによる誤送信ふたたび報告される

    実在するドメイン「gmai.com」、タイプミスによる誤送信ふたたび報告される

  3. 千葉大学医学部附属病院職員が宅配便騙るスミッシング被害、個人PCに保存した患者個人情報が閲覧可能に

    千葉大学医学部附属病院職員が宅配便騙るスミッシング被害、個人PCに保存した患者個人情報が閲覧可能に

  4. Salesforce 設定不備、子育て応援アプリに不正アクセス試行133回

    Salesforce 設定不備、子育て応援アプリに不正アクセス試行133回

  5. 教員の個人スマホに宅急便騙るスミッシング、クラウドサービスのID パスワード窃取

    教員の個人スマホに宅急便騙るスミッシング、クラウドサービスのID パスワード窃取

  6. Pontaポイントシステム障害、auやリクルートIDにも影響

    Pontaポイントシステム障害、auやリクルートIDにも影響

  7. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  8. 佐賀県 聖火リレーランナーの生年月日、メディア開示はOKだがWeb掲載はNG

    佐賀県 聖火リレーランナーの生年月日、メディア開示はOKだがWeb掲載はNG

  9. ワクチン接種予約システムに不具合、解析ツール用いれば個人情報閲覧可能

    ワクチン接種予約システムに不具合、解析ツール用いれば個人情報閲覧可能

  10. 富士経済系調査会社にサイバー攻撃、システム障害で納品にも支障

    富士経済系調査会社にサイバー攻撃、システム障害で納品にも支障

ランキングをもっと見る