選挙へのサイバー攻撃:その真の狙い ~ オランダ、ウクライナ、ギリシャの事例から | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

選挙へのサイバー攻撃:その真の狙い ~ オランダ、ウクライナ、ギリシャの事例から

前回の大統領選挙ではクリントン陣営にロシアからの選挙介入があったとされ、今回の選挙でも他国からの介入や選挙妨害が予想されている。しかし、選挙へのサイバー攻撃の狙いは、特定候補や政党を当選させる工作だけではないという。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
チェックポイントリサーチ アナリスト、ヨアフ・ピンカース氏
チェックポイントリサーチ アナリスト、ヨアフ・ピンカース氏 全 5 枚 拡大写真
 アメリカ大統領選挙が11月に迫る。前回の大統領選挙ではクリントン陣営にロシアからの選挙介入があったとされ、今回の選挙でも他国からの介入や選挙妨害が予想されている。しかし、選挙へのサイバー攻撃の狙いは、特定候補や政党を当選させる工作だけではないという。

 その目的は何か? 独自の研究に基づいた解釈を主張するのは、チェックポイントリサーチのアナリストであるヨアフ・ピンカース氏だ。2019年秋に大阪で開催されたAVARで発表された。

●選挙で狙われるのはメディアや選挙インフラ

 選挙に対するサイバー攻撃といえば、2016年のアメリカ大統領選挙におけるロシアゲート事件が思い浮かぶ。ロシアがクリントン候補を妨害するために政党事務所や関係者にサイバー攻撃を仕掛けたという疑惑だ。これにトランプ陣営が関与していた可能性が指摘され問題となった。

 前後して、BlackhatやDEFCONでも、電子投票マシン(DRE)へのサイバー攻撃やハッキングが紹介され、選挙結果をサイバー攻撃でコントロールするというリスクが問題視された。当然、研究や対策も進んでいる。ピンカース氏もその研究者のひとりだが、彼の調査は、まずどこが狙われるのかから始まったという。その調査により「なぜ?」「攻撃の目的は?」という疑問とその考察につながっている。

 選挙をサイバー攻撃で妨害しようとした場合、攻撃サーフェス、つまりターゲットは、情報操作のためのSNSやメディア、政党や候補者、選挙人名簿や有権者登録システムが考えられる。インフラ面では、投票用紙・有権者名簿、そして投票所(電子投票マシン:DREや投票用紙リーダー)、選挙結果や速報を流す公式発表・公式サイト、政府系のITシステムなどを挙げることができる。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る