中央銀行デジタル通貨に関する取り組み方針を発表、セキュリティの必要性を認識(日本銀行) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

中央銀行デジタル通貨に関する取り組み方針を発表、セキュリティの必要性を認識(日本銀行)

日本銀行は10月9日、中央銀行デジタル通貨に関する同行の取り組み方針について発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
日本銀行は10月9日、中央銀行デジタル通貨に関する同行の取り組み方針について発表した。

ITの急速な進歩を背景に様々な領域でデジタル化が進む中、「中央銀行デジタル通貨」への社会のニーズが急激に高まる可能性がある。同行では、現時点で中央銀行デジタル通貨の発行計画はないが、決済システム全体の安定性と効率性を確保する観点から、今後の環境変化に対応できるよう準備しておくことが重要で、この認識のもと、個人や企業を含む幅広い主体の利用を想定した「一般利用型中央銀行デジタル通貨」について取り組み方針を示した。

同行では、中央銀行デジタル通貨が具備すべき基本的な特性として、中央銀行と民間部門による決済システムの二層構造を維持することが適当で、機能面やシステム面で「安心して使える」ものとするために、偽造抵抗力を確保し各種不正を排除するよう、セキュリティを高める取り組みが必要としている。

また、「いつでも、どこでも使える」ものとするために、常に利用できる仕組みが必要で、システム・通信障害や電力途絶といったオフライン環境下でも利用できる仕組みの確保も自然災害の多い日本において重要なポイントとしている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る