コネクティッドカーのサイバーリスク対策を支援、豊田通商とサイベラムテクノロジーズが販売代理店契約を締結 | ScanNetSecurity
2022.12.07(水)

コネクティッドカーのサイバーリスク対策を支援、豊田通商とサイベラムテクノロジーズが販売代理店契約を締結

豊田通商は7月21日、自動車向けセキュリティサービスを提供するイスラエルのスタートアップ企業のサイベラムテクノロジーズと日本国内における販売代理店契約を締結したと発表した。日本市場向けの代理店契約締結は豊田通商が初となる。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
製品セキュリティのイメージ
製品セキュリティのイメージ 全 1 枚 拡大写真
豊田通商は7月21日、自動車向けセキュリティサービスを提供するイスラエルのスタートアップ企業のサイベラムテクノロジーズと日本国内における販売代理店契約を締結したと発表した。日本市場向けの代理店契約締結は豊田通商が初となる。

サイベラムはサイバー攻撃に対するコネクティッドカーの脆弱性の検出、分析に特化した脆弱性管理ソリューションを手がけている。ソリューションはソフトウェアの構成情報を収集し、情報のみを保持した「デジタルツイン」を作成することで、コネクティッドカー発売以降に発見された脆弱性の監視・検出が可能。

豊田通商は、国内自動車メーカー向けに、サイベラムの脆弱性管理ソリューションの販売を通じて、開発段階から販売後のコネクティッドカーのサイバーリスク対策を支援する。

コネクティッドカーの普及に伴ってサイバーセキュリティ上の脅威に対する対策が急務となっている。国連の分科会でサイバーセキュリティ対策の法制化が採択され、各国で対応が進んでいる。日本では2022年7月から自動車メーカーに対してサイバーセキュリティ対策が義務付けられ、サイバー攻撃に対する組織体制やプロセス構築などが求められる。豊田通商は自動車メーカーのこうしたニーズに対応していく。

豊田通商、自動車セキュリティサービスを日本市場で展開…イスラエルのベンチャーと提携

《レスポンス編集部@レスポンス》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

    埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

  2. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

    クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  3. 尼崎市USBメモリ紛失事案報告書公開、無断再委託 無断再々委託の実態明らかに ~ 損害賠償請求予定

    尼崎市USBメモリ紛失事案報告書公開、無断再委託 無断再々委託の実態明らかに ~ 損害賠償請求予定

  4. 個人情報管理の不備を指摘するため写真撮影し県に報告

    個人情報管理の不備を指摘するため写真撮影し県に報告

  5. リクルートダイレクトスカウトで企業担当者情報記載ファイルを誤添付しメール送信、165名と連絡とれず

    リクルートダイレクトスカウトで企業担当者情報記載ファイルを誤添付しメール送信、165名と連絡とれず

  6. Twitterの脆弱性で漏えいした540万人分の個人情報、ハッカーが一般公開

    Twitterの脆弱性で漏えいした540万人分の個人情報、ハッカーが一般公開

  7. 警察庁が注意喚起、学術関係者を標的とした講演や取材依頼を偽装したサイバー攻撃

    警察庁が注意喚起、学術関係者を標的とした講演や取材依頼を偽装したサイバー攻撃

  8. メタップスペイメント 行政処分後のセキュリティ対応状況進捗

    メタップスペイメント 行政処分後のセキュリティ対応状況進捗

  9. WordPressプラグインAdvanced Custom Fieldsの脆弱性 発見者 イエラエ山崎氏解説

    WordPressプラグインAdvanced Custom Fieldsの脆弱性 発見者 イエラエ山崎氏解説

  10. 川崎市で誤廃棄を虚偽報告「全体の奉仕者としてふさわしくない非行」懲戒処分

    川崎市で誤廃棄を虚偽報告「全体の奉仕者としてふさわしくない非行」懲戒処分

ランキングをもっと見る