2021年10大セキュリティ事件ランキング、1位はPayPayへの不正アクセス | ScanNetSecurity
2023.02.08(水)

2021年10大セキュリティ事件ランキング、1位はPayPayへの不正アクセス

 マカフィー株式会社は12月14日、2021年の10大セキュリティ事件ランキングを発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー

 マカフィー株式会社は12月14日、2021年の10大セキュリティ事件ランキングを発表した。

 同ランキングは、日本国内の経営層や情報システム部門などのビジネスパーソンを対象に実施した「2021年のセキュリティ事件に関する意識調査」の結果をもとにしたもので、日本国内に在住する企業経営者、企業に勤務する情報システム担当者、一般従業員など22歳以上の男女1,000人を対象にインターネットアンケートを実施した。対象となった事件は、前回の調査の後の2020年12月から、2021年11月までに報道されたセキュリティ事件。回答は複数回答形式。

 マカフィーによると、2021年は国内の大企業や米国の重要インフラ事業者を狙ったランサムウェア攻撃に注目が集まる結果となり、その攻撃の手口も、データの暗号化に加え、事前に重要データを手元に収めておいて身代金交渉が上手く行かない場合に重要データを漏えいさせると脅しをかける2重脅迫型が主流になったとしている。他にも、RaaS(Ransomware-as-a-service)のプラットフォームを使用し、データの暗号化や情報詐取のための手法が洗練されたことを特徴として挙げている。

 調査結果を基にランク付けした2021年の10大セキュリティ事件は下記の通り。なお、調査結果には個社名の記載はなかったため、編集部で該当する事件の社名・サービス名を付記し、発生当時の記事URLを記載した。


《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

    教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

  2. ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

    ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

  3. 尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

    尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

  4. 不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

    不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

  5. 三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

    三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

  6. 給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

    給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

  7. 東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

    東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

  8. 国内発が多数を占め増え続けるSMSフィッシング、携帯キャリアの対策は? ~ JPAAWG 5th General Meetingレポート-3

    国内発が多数を占め増え続けるSMSフィッシング、携帯キャリアの対策は? ~ JPAAWG 5th General Meetingレポート-3

  9. チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

    チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

  10. 「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

    「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

ランキングをもっと見る