マクニカ「スミッシングの実態と対策」公開 ~ 低レベル攻撃者参入や分業化も | ScanNetSecurity
2024.02.21(水)

マクニカ「スミッシングの実態と対策」公開 ~ 低レベル攻撃者参入や分業化も

 株式会社マクニカは6月8日、SMSを悪用したフィッシング詐欺「スミッシング」の手口と対策をまとめたレポート「スミッシングの実態と対策」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
オペレーションレベルが低い例
オペレーションレベルが低い例 全 1 枚 拡大写真

 株式会社マクニカは6月8日、SMSを悪用したフィッシング詐欺「スミッシング」の手口と対策をまとめたレポート「スミッシングの実態と対策」を公開した。

 フィッシング(Phishing)行為の一種であるスミッシングは、SMSを悪用して詐欺目的のメッセージを送り、受信者を偽のWebサイトに誘導し、個人情報を盗み取る手口で、銀行やECサイトのアカウント情報、電子決済やクレジットカード利用に関わる情報などが主に狙われている。

 同レポートでは、実際に観測されたスミッシング手口から、犯罪手口の変化を考察、銀行やクレジットカード事業者、ペイメントサービス、EC事業者、運送会社等を巻き込んだ犯罪エコシステムとスミッシング対策フレームワークについて解説している。詐欺SMS抑止の手掛かりとなる、企業ブランドを騙る詐欺SMSの発信源や到達経路についても詳解している。

 同レポートによると、最近のスミッシングではEC系や宅配系を中心に、クレジットカードや電子決済のための情報を狙うものが増え、スミッシングの総量が増えるとともに「偽サイトのブランドと、SMS文面のブランドが一致しない」「SMS文面の日本語が不自然 」といったものが散見され、過去から活動している攻撃者と比べて、オペレーションレベルの低い攻撃者の参入や、分業化が起こっていると推測している。

 同レポートは31ページのPDFで目次は下記の通り。同社Webサイトからダウンロードできる。

・はじめに
・スミッシングについて
・スミッシングをとりまく被害動向
・スミッシングの手順
・フィッシング行為におけるSMSの役割と特徴
・SMS配信経路とスミッシングの送信手口
・スミッシング配信経路の識別
・スミッシングの傾向と技術考察
・攻撃者の変化、犯罪の裾野の広がり
・スミッシング犯罪のエコシステム
・対策アプローチ

《高橋 潤哉》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  2. スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

    スパム電子メールを作成するPegasusトロイの木馬

  3. 勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

    勤務時間外の上司のメールは懲役 ~ 豪 つながらない権利法案 性急な法制化

  4. セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

    セキュリティ強化費用で利益大幅減、エムケイシステムへのランサムウェア攻撃

  5. 中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

    中小企業で数千万円単位の被害も、JNSA「インシデント損害額調査レポート 第2版」公開

  6. 住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

    住友重機械工業のサーバに不正アクセス、「なりすましメール」への注意喚起も発表

  7. 求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

    求職サイト「ホワイトメーカーズ」が改ざん被害、個人情報が外部流出した可能性否定できず

  8. ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

    ISC BIND に複数の脆弱性、バージョンアップを強く推奨

  9. 臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

    臨床検査事業を行うアイルにランサムウェア攻撃、検体検査の遅延が発生

  10. 「マンション売却相談センター」に問い合わせた顧客の個人情報が閲覧可能に

    「マンション売却相談センター」に問い合わせた顧客の個人情報が閲覧可能に

ランキングをもっと見る