東大を装った迷惑メールに注意喚起、過去にも同様事例を複数確認 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

東大を装った迷惑メールに注意喚起、過去にも同様事例を複数確認

 国立大学法人東京大学は7月28日、東京大学を装った迷惑メールへの注意換気を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 国立大学法人東京大学は7月28日、東京大学を装った迷惑メールへの注意換気を発表した。

 同学によると、東京大学の構成員からのメールを装った迷惑メールが企業や個人宛に配信されているという報告が寄せられているとのこと。

 迷惑メールでは、実在しないメールアドレス「info@u-tokyo.edu.jp」を使用し、東京大学の構成員からの発信であることを装っているが、これらのメールは東京大学とは一切関係なく、学外のサーバから偽装発信していると推測している。

 同学では、添付ファイルの開封や本文中にある URL(東京大学の URL を偽装している場合もある)にアクセスしないよう注意を呼びかけている。

 同学では2019年6月にも、同様の迷惑メールについて注意喚起を行っており、2021年2月には、東京大学総長を装った迷惑メールも確認されていた。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

    ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

  2. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  3. 「UTM 理解していない」半数

    「UTM 理解していない」半数

  4. JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

    JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

  5. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  6. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

  7. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  8. 到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割

    到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割PR

  9. Google & 米Yahoo! の迷惑メール対策強化について~ JPAAWG 緊急ウェビナーで喫緊課題への具体的な疑問が続出

    Google & 米Yahoo! の迷惑メール対策強化について~ JPAAWG 緊急ウェビナーで喫緊課題への具体的な疑問が続出

  10. 個人情報保護ルールを「あまり/まったく守れていない」のは部課長が最多

    個人情報保護ルールを「あまり/まったく守れていない」のは部課長が最多

ランキングをもっと見る