JPRSがJPドメインのレポートを公開、JPドメインは170万件を超える | ScanNetSecurity
2024.06.13(木)

JPRSがJPドメインのレポートを公開、JPドメインは170万件を超える

JPRSは、JPドメイン名の登録管理業務に関する2022年の年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2022」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
JPドメイン名レジストリレポート2022
JPドメイン名レジストリレポート2022 全 3 枚 拡大写真

 株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は3月29日、JPドメイン名の登録管理業務に関する2022年の年次報告書「JPドメイン名レジストリレポート2022」を公開した。

 レポートでは、「JPRSの取り組み」「統計データ」「参考資料」の構成となっており、2022年の主な取り組みとして、以下を挙げている。

・JPドメイン名における登録者の意図しない指定事業者変更申請自体を発生しにくくする方策である「認証コード(AuthCode)」の導入
・新gTLDの日本語ラベルに関する業界標準ルール策定への寄与
・インターネットの仕組みについて学べる小冊子やccTLDを楽しく学べるポスターの全国教育機関への無償配布、情報教育Webサイトの開設
・DNSソフトウェアの脆弱性に対する注意喚起や啓発といった情報発信活動

 統計では、JPドメイン名全体の登録数が2022年6月に170万件を突破し、1,721,137件となった(2022年1月1日時点から40,464件の増加)。内訳は、汎用型が67.9%、属性型・地域型が31.5%、都道府県型が0.6%となっている。属性型・地域型の内訳では、CO(企業)が86.4%を占め、OR(企業以外の法人組織)が7.4%、NE(ネットワークサービス)が2.4%となっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーにランサムウェア攻撃、複数のサーバと PC が暗号化被害

    イセトーにランサムウェア攻撃、複数のサーバと PC が暗号化被害

  2. 失業後データ盗み大手 IT 企業を恐喝、セキュリティコンサルタント 57 歳起訴

    失業後データ盗み大手 IT 企業を恐喝、セキュリティコンサルタント 57 歳起訴

  3. 6日後 警察署から「見つかった」~ 日刊工業新聞社のノートパソコンとスマートフォンが盗難被害

    6日後 警察署から「見つかった」~ 日刊工業新聞社のノートパソコンとスマートフォンが盗難被害

  4. 不正アクセス 盗まれたのは公式サイトのドメイン

    不正アクセス 盗まれたのは公式サイトのドメイン

  5. デジタル庁「テキスト生成 AI 利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」公開

    デジタル庁「テキスト生成 AI 利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」公開

  6. 「タリーズ オンラインストア」への不正アクセス、イオン銀行ではカードの不正利用早期に発見体制を整備

    「タリーズ オンラインストア」への不正アクセス、イオン銀行ではカードの不正利用早期に発見体制を整備

  7. 公開範囲「パブリック」で生徒の個人情報アップロード、都立高校教諭が Microsoft Teams に

    公開範囲「パブリック」で生徒の個人情報アップロード、都立高校教諭が Microsoft Teams に

  8. 山口県信用保証協会のメールアカウントを不正利用、迷惑メール大量送信確認

    山口県信用保証協会のメールアカウントを不正利用、迷惑メール大量送信確認

  9. PR会社が利用するクラウドストレージに不正アクセス、PDFや画像など静的データ削除

    PR会社が利用するクラウドストレージに不正アクセス、PDFや画像など静的データ削除

  10. CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASM

    CTFの覇者 市川遼が目指す「GMOイエラエの技術者が攻撃しようとするときに最初にやること全部の完全自動化」~ ネットde診断 for ASMPR

ランキングをもっと見る