Java SEに複数の脆弱性、攻撃された場合の影響が大きいため早期の対応を | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

Java SEに複数の脆弱性、攻撃された場合の影響が大きいため早期の対応を

IPAは、重要なセキュリティ情報として「Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2023-21930等)」を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は4月19日、重要なセキュリティ情報として「Oracle Java の脆弱性対策について(CVE-2023-21930等)」を公開した。

 この脆弱性は、Oracle社の定期アップデート(April 2023)により公開されたもので、Java SEに関する脆弱性も公表されている。Oracle社では、攻撃された場合の影響が大きい脆弱性であることがアナウンスされているため、できるだけ早急に修正プログラムを適用するよう呼びかけている。

 対象となるのは、サポートされている次のOracle 製品。
Oracle Java SE 20
Oracle Java SE 17.0.6
Oracle Java SE 11.0.18
Oracle Java SE 8 Update 361-perf
Oracle Java SE 8 Update 361

 アップデートでは複数の脆弱性が公表されているが、特に「CVE-2023-21930」の脆弱性は、認証されていない攻撃者がTLSを介してネットワーク アクセスを行い、上記の製品を侵害する可能性がある。攻撃に成功すると、重要なデータにアクセスされ変更や削除をされたり、不正なデータを作成されたりする可能性がある。また、この脆弱性はAPIを経由して悪用される可能性もある。

 IPAでは、Javaの最新バージョンを早急にインストールするよう呼びかけている。また、Oracle社からは2019年4月16日以降のJavaのリリースについて、ライセンスの変更が案内されているため、適切な対応を推奨している。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  3. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  4. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  6. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

  7. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  8. 北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

    北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

  9. 北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

    北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

  10. 日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

    日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

ランキングをもっと見る