迷惑メールの少ない受信トレイを実現するために Gmail の大量送信者に新たなポリシー | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

迷惑メールの少ない受信トレイを実現するために Gmail の大量送信者に新たなポリシー

 Google は1月12日、安全で迷惑メールの少ない受信トレイを実現する新しい Gmail のポリシーについて発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向

 Google は1月12日、安全で迷惑メールの少ない受信トレイを実現する新しい Gmail のポリシーについて発表した。

 Gmail ではAIを活用し、スパムやフィッシング、マルウェアの99.9%以上が受信箱に届かないよう、毎日 約150億件の迷惑メールをブロックしているが、メールの安全な送受信に関して複雑な問題に直面しているという。

 Google では2023年10月に、迷惑メールを阻止するためにGmailアドレスに 1 日に5,000通を超えるメッセージを送信する大量送信者に対する新しいポリシーを発表している。

 多くの大量送信者はシステムの保護と設定を適切に行っておらず、攻撃者が簡単に侵入できるため、Google では送信者の本人検証に焦点を当て、2023年から Gmail アドレスに送信されるメールに認証を義務付けたことで Gmail ユーザーが受信する未認証メール数が75%減少、受信トレイが整理されたことで、数十億件の悪意あるメールをより高い精度でブロックすることが可能となった。

 Google では2024年2月までに、個人向けGmailで大量送信者に下記を義務付ける予定。

・メールの認証設定:大量のメールを送信するユーザーに、手順に従ったメール認証を義務付け。

・配信停止を容易にする:大量送信者に、Gmailの受信者がワンクリックで商用メールの配信を解除できる機能を提供し、配信停止リクエストを2日以内に処理することを義務付け。

ユーザーに必要とされるメールを送信する:受信者が望まないメールを減らせるように、送信者が遵守すべき明確なスパム率のしきい値を適用

 Yahoo のシニアディレクターである Marcel Becker 氏は「メールプロバイダーが誰であっても、すべてのユーザーは可能な限り安全で強固な体験を享受する権利があります。相互接続されたメールの世界では、利用者全員の協力が不可欠です。Yahoo は、Google や他のメール コミュニティと協力して、これらの常識的で影響力の大きな変更を新たな業界標準を推進していくことを楽しみにしています」とコメントしている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  3. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  4. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  6. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

  7. 悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

    悪夢の検証 大英図書館ランサムウェア ~ 過ちが語る普遍的な物語

  8. 北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

    北海道信用金庫の職員が業務関係書類を自宅に持ち帰り、定例の内部監査で発覚

  9. 北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

    北九州市立大学の教員のパソコンに遠隔操作、ファイルを閲覧された可能性

  10. 日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

    日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

ランキングをもっと見る