エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性 | ScanNetSecurity
2024.04.12(金)

エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月20日、エレコム製無線 LAN ルータにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2月20日、エレコム製無線 LAN ルータにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。富士通株式会社の山口翔生氏と株式会社サイバーディフェンス研究所の永岡悟氏が報告を行っている。影響を受けるシステムは以下の通り。

WRC-1167GS2-B v1.67 およびそれ以前のバージョン
WRC-1167GS2H-B v1.67 およびそれ以前のバージョン
WRC-2533GS2-B v1.62 およびそれ以前のバージョン
WRC-2533GS2-W v1.62 およびそれ以前のバージョン
WRC-2533GS2V-B v1.62 およびそれ以前のバージョン

 エレコム株式会社が提供する複数の無線 LAN ルータには、下記の影響を受ける可能性がある複数の脆弱性が存在する。

・クロスサイトスクリプティング(CVE-2024-21798)
→悪意を持った管理者により細工された内容があらかじめ設定された製品に別の管理者がログインして操作した場合、ウェブブラウザ上で任意のスクリプトを実行される

・クロスサイトリクエストフォージェリ(CVE-2024-23910)
→当該製品にログインした状態の管理者が細工されたページにアクセスした場合、当該製品に対して意図しない操作をさせられる

 JVNでは、開発者が提供する情報をもとにファームウェアを最新版へアップデートするよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  3. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  4. 日本のセキュリティ人材の 74 %、2023年に昇給なし

    日本のセキュリティ人材の 74 %、2023年に昇給なし

  5. お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

    お茶の水女子大学の研究室サーバに不正アクセス、攻撃の踏み台に

  6. 県職員懲戒免職 ~ 不正アクセス・データ複製 ・物品窃取

    県職員懲戒免職 ~ 不正アクセス・データ複製 ・物品窃取

  7. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  8. Apache HTTP Server 2.4 に複数の脆弱性

    Apache HTTP Server 2.4 に複数の脆弱性

  9. クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

    クラウド労務管理「WelcomeHR」の個人データが閲覧可能な状態に、154,650 人分のダウンロード確認

  10. デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

    デロイトと JFEスチール、サイバーセキュリティの合弁会社設立

ランキングをもっと見る