東京メトロ社員が遺失者になりすまし、現金総額 235,458円 ほか遺失物着服 | ScanNetSecurity
2024.06.20(木)

東京メトロ社員が遺失者になりすまし、現金総額 235,458円 ほか遺失物着服

 東京地下鉄株式会社(東京メトロ)は5月2日、駅社員による遺失物の着服について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真

 東京地下鉄株式会社(東京メトロ)は5月2日、駅社員による遺失物の着服について発表した。

 これは同社 飯田橋駅務管区の社員(20歳代、男性)が業務時間中に、社内のお忘れ物検索システムで現金等の遺失物を検索し、4月28日午前11時10分頃にお忘れ物総合取扱所にて、遺失者になりすまし、現金約16万円が入った遺失物を不正に着服したというもの。当該社員は同様の手法で、3月から4月の間に少なくとも6件の遺失物を着服していたという。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  2. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  3. フジクラのタイ子会社に不正アクセス、国際ネットワーク経由で日本のグループ各社のサーバにも痕跡

    フジクラのタイ子会社に不正アクセス、国際ネットワーク経由で日本のグループ各社のサーバにも痕跡

  4. 杏林大学職員 詐欺サイト クリックしたら不正アクセス被害

    杏林大学職員 詐欺サイト クリックしたら不正アクセス被害

  5. 指定事業者への禁止事項や遵守事項定める ~「スマートフォンにおいて利用される特定ソフトウェアに係る競争の促進に関する法律」成立

    指定事業者への禁止事項や遵守事項定める ~「スマートフォンにおいて利用される特定ソフトウェアに係る競争の促進に関する法律」成立

ランキングをもっと見る
PageTop