ウイルス感染したウェブページに関し警告(Kaspersky Lab社) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

ウイルス感染したウェブページに関し警告(Kaspersky Lab社)

 モスクワに拠点を置く情報技術セキュリティ専門会社Kaspersky Lab社は、感染したウェブページを訪れるやいなやユーザのPCも感染してしまう新型ウイルスに関する警告を発した。“Jer”と呼ばれるそのウイルスは、メリッサ・ウイルスやチェルノブイリ・ウイルスと比べ危

国際 海外情報
 モスクワに拠点を置く情報技術セキュリティ専門会社Kaspersky Lab社は、感染したウェブページを訪れるやいなやユーザのPCも感染してしまう新型ウイルスに関する警告を発した。“Jer”と呼ばれるそのウイルスは、メリッサ・ウイルスやチェルノブイリ・ウイルスと比べ危険度は低い。理由は、そのウイルスには電子メールではなくチャットのみで拡散しようとするバグがあるためだ。同社のアンチウイルス研究部門の責任者Eugene Kaspersky氏は、仮にJerウイルスにそのような初歩的なエラーがなかったのなら、LOVEウイルスに匹敵する猛威を振るっただろう、と述べた。

 Kaspersky氏によると、ウェブページがJerウイルスに感染すると、そのHTMLのページはスクリプト・プログラム(ウイルス自身)を保持することになり、ユーザがそのページを開くと自動的に作動する。次にユーザは、システムからその身元不明のスクリプトを実行するか否かの警告メッセージを受け取る。すると大抵のユーザが“Yes”のボタンを押してしまい、PCはウイルスに感染してしまうのだ。

 最初にJerウイルスが確認されたのは7月2日、Geocitiesのウェブサーバー内にある『女性がベッドで失敗する40例』というタイトルのウェブページだった。そのサイトには、1日だけで1000人以上の訪問者があった。

《ScanNetSecurity》

PageTop

アクセスランキング

  1. 社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

    社員PCが「Emotet」感染、鳥羽洋行騙る暗号化ZIP付不審メール確認

  2. 「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

    「Emotet」関連相談が大幅増 ~ IPAの情報セキュリティ安心相談窓口

  3. Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

    Oracle Java SEに脆弱性 攻撃された場合の影響大、早急なアップデート呼びかけ

  4. フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

    フィッシングにひっかかりやすい「要注意メール件名」トップ10(KnowBe4)

  5. 従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

    従業員のパソコンが「Emotet」感染、zip形式のマルウェア添付メールを送信(京セラ)

  6. 「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

    「ドコモ口座」不正利用の被害件数を公開、補償完了は122件2,797万円に

  7. シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

    シルバニアファミリーオンラインショップのメール流出、プログラム改修が原因

  8. ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題

    ブロードバンドセキュリティが実施した脆弱性管理の500名調査の結果、見えてきた課題PR

  9. 浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線

    浮かび上がる全体像 CrowdStrike が結んだランサムウェアの点と線PR

  10. 「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

    「マンション・ラボ」に不正アクセス、記事ページが改ざん(つなぐネットコミュニケーションズ)

ランキングをもっと見る