分析対象を限定した低価格アプライアンス製品を発売(セキュアヴェイル) | ScanNetSecurity
2021.09.17(金)

分析対象を限定した低価格アプライアンス製品を発売(セキュアヴェイル)

株式会社セキュアヴェイルは11月21日、対象を限定したログ分析アプライアンス製品「LogStare Limited」を発売したと発表した。ラインアップは「LogStare Firewall」「LogStare Proxy」「LogStare IDS/IPS」「LogStare MAIL」「LogStare Antivirus」「LogStare FileAcce

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
株式会社セキュアヴェイルは11月21日、対象を限定したログ分析アプライアンス製品「LogStare Limited」を発売したと発表した。ラインアップは「LogStare Firewall」「LogStare Proxy」「LogStare IDS/IPS」「LogStare MAIL」「LogStare Antivirus」「LogStare FileAccess」の6製品。分析対象を限定したことで低価格を実現した。アプライアンス製品のため導入や運用が容易で、ログ分析に必要な工数を最小化するよう設計されているため、TCOの削減や管理者の効率を最大にする。

従来型のログ分析ツールでは、膨大なレポートの中から、各レポートの関係性や問題点を抽出する場合、すべて手作業で行う必要があった。そのため、問題となるログにたどり着くためには、専門的な知識や経験が必要であった。本製品では、自由な切り口でダイナミックにログを絞り込み、日付や時間、利用ユーザなど目的に応じたレポートを動的に作成することが可能となる。また、ISMSなどのセキュリティ管理基準が求める「アクセスやシステム使用状況の監視」要求事項に対する監査ツールとしても活用できる。

http://www.secuavail.com/service/logstarelmt.html

《ScanNetSecurity》

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

    警察庁が2021年上半期のランサムウェア被害状況を調査、感染経路はVPN機器からの侵入が最多

  3. 我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイド

    我が社の SOC は大丈夫? SOC 選びサバイバルガイドPR

  4. メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

    メールはサイバー攻撃の元凶、CSAJが政策要望をとりまとめ提出

  5. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:後編「修羅場の交渉マニュアル」

  6. 児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

    児童生徒用タブレット端末アプリで誤設定、特定URL入力で個人情報が閲覧可能に

  7. ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

    ランサムウェア攻撃で悪用される正規ツールについてトレンドマイクロが解説

  8. オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

    オリンパスのヨーロッパ、中東、アフリカ地域のITシステムに不正アクセス

  9. [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

    [インタビュー] ランサムウェア身代金交渉人の告白:前編「誰かが犯罪者と話さなければならない」

  10. ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

    ニップンへのサイバー攻撃、グループ会社を含む基幹システムやデータサーバも暗号化被害に

ランキングをもっと見る