シーメンス社と提携、StuxnetのターゲットになったSCADAなどの保護目的(マカフィー) | ScanNetSecurity
2022.07.01(金)

シーメンス社と提携、StuxnetのターゲットになったSCADAなどの保護目的(マカフィー)

マカフィー株式会社は4月19日、シーメンス社のシーメンス産業オートメーション事業部と提携し、同事業部製品におけるアプリケーション制御ソリューション「McAfee Application Control」の相互運用性を認定したと発表した。本提携は、重要インフラやグローバルな製造業の

製品・サービス・業界動向 業界動向
マカフィー株式会社は4月19日、シーメンス社のシーメンス産業オートメーション事業部と提携し、同事業部製品におけるアプリケーション制御ソリューション「McAfee Application Control」の相互運用性を認定したと発表した。本提携は、重要インフラやグローバルな製造業の制御システムを狙う組織化された標的型サイバー攻撃から企業を保護することを目的としたもの。同事業部製品ラインには、制御システムや電力会社を狙ったワーム「Stuxnet」のターゲットになったSimatic WINCC SCADAシステムも含まれており、制御システムとITセキュリティの統合を象徴する初めての提携であるとしている。

マカフィーのMcAfee Application Controlは、ホワイトリスティング技術により許可されたアプリケーションのみ動作可能にするアプリケーション制御ソリューション。カーネルのロックダウンによりシステムを保護するため、リソースに対する影響を最小限に抑えつつ、不正なコードやゼロデイエクスプロイトを防ぐことが可能となっている。同製品の実装により、同事業部のユーザは承認済みアプリケーションのリストを手作業で管理する必要がなくなり、信頼できるアプリケーションのみを実行させることができる。また、エンドポイントやサーバに置かれているすべてのソフトウェアをセキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)」で統合一元管理することにより、企業運営上のニーズに応じて共同のセキュリティソリューションをタイムリーに実行することが可能になる。
(吉澤亨史)

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_11a.asp?pr=11/04/19-1

《ScanNetSecurity》

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

    つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

  2. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

  3. DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?

    DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?PR

  4. Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

    Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

  5. また上野宣が社外取締役、GSX選任

    また上野宣が社外取締役、GSX選任

  6. 尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

    尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

  7. 市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

    市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

  8. MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

    MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

  9. 障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

    障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

  10. コンサル契約にもとづき提供した秘密情報が漏えい

    コンサル契約にもとづき提供した秘密情報が漏えい

ランキングをもっと見る