企業システムのセキュリティ検査の内製化を支援(GSX) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

企業システムのセキュリティ検査の内製化を支援(GSX)

グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は7月21日、企業の保有する情報システムのセキュリティ脆弱性検査を、社内で内製化して実施するノウハウを解説するセミナーを都内で開催する。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は7月21日、企業の保有する情報システムのセキュリティ脆弱性検査を、社内で内製化して実施するノウハウを解説するセミナーを都内で開催する。

「脆弱性診断」「ペネトレーションテスト」等と呼ばれるシステムのセキュリティ検査は、システム改修や、新しいセキュリティホールの発見、新たな攻撃手法の台頭などに応じて、網羅的に都度実施する必要があるが、コスト面の問題により、一部のシステムだけに検査が限定されていたり、必要なタイミングで実施されていない事情がある。

一方、サービス規模の大きい企業などでは、セキュリティ検査のためのツールやノウハウを自社で保有し、そのためのスタッフを社内で育成するケースも現れ始めている。

こうした企業のニーズに対して、1997年というインターネットセキュリティの黎明期からタイガーチーム(セキュリティ検査のために模擬攻撃などを実施する専門技術者集団)サービスを提供するGSXが、そのノウハウを解説する。

また、スマートフォンなどを含めたサイバー攻撃の最新動向の講演も行われる予定。
(ScanNetSecurity)

http://www.gsx.co.jp/seminar/seminar_110721.html

《ScanNetSecurity》

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. ロイヤルホームセンター公式サイトに不正アクセス、サーバ入れ替え 12/1 復旧

    ロイヤルホームセンター公式サイトに不正アクセス、サーバ入れ替え 12/1 復旧

  2. 滋賀県のスーパー平和堂のショップサイトで最大4,774件の個人情報が閲覧可能に

    滋賀県のスーパー平和堂のショップサイトで最大4,774件の個人情報が閲覧可能に

  3. みずほ銀行の度重なる障害に業務改善命令、IT現場の実態を軽視

    みずほ銀行の度重なる障害に業務改善命令、IT現場の実態を軽視

  4. 警察庁、活動再開したEmotet解析 新たにThunderbirdも情報窃取対象に

    警察庁、活動再開したEmotet解析 新たにThunderbirdも情報窃取対象に

  5. DX時代のセキュリティ人材の条件 ~ トレンドマイクロ調査

    DX時代のセキュリティ人材の条件 ~ トレンドマイクロ調査

  6. メール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」が脱PPAPとして新たにBox対応

    メール誤送信対策ソフトウェア「WISE Alert」が脱PPAPとして新たにBox対応

  7. 複数のエレコム製 LAN ルーターに複数の脆弱性

    複数のエレコム製 LAN ルーターに複数の脆弱性

  8. 日本政策投資銀行のシンガポールグループ会社にサイバー攻撃

    日本政策投資銀行のシンガポールグループ会社にサイバー攻撃

  9. ガートナー 2022年サイバーセキュリティ展望トップ8

    ガートナー 2022年サイバーセキュリティ展望トップ8

  10. オンライン診療 5つの問題点、カスペルスキー解説

    オンライン診療 5つの問題点、カスペルスキー解説

ランキングをもっと見る