工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第33回「誤データ」 | ScanNetSecurity
2020.02.19(水)

工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン3 「エリカとマギー」 第33回「誤データ」

正解だ。額から汗がぽたぽたたれてきた。私は家に帰りたくなった。こんな風に責められるのは好きじゃない。やり直したい。

特集 フィクション
>>第 1 回から読む

「その席は、普通では使わない席だ。別にパソコンが壊れていなくても、自分のパソコンの調子が悪い時や一度に複数の重い作業をする時には誰でも自由に使える。あんたは、中込がそのパソコンを使っていない時に、そこからアクセスした。きっとガキに中込の携帯に電話でもさせたんだろう」

正解だ。額から汗がぽたぽたたれてきた。私は家に帰りたくなった。こんな風に責められるのは好きじゃない。やり直したい。

「それで、みんなが犯行期間とパソコンが壊れていた期間の一致に気づかれないように、時間をおいた。データを放流し、犯行声明を出すのを半年も待ったんだ」

「待ってください。でも、誤データが一致したことでキャンペーンからのデータ漏洩だって検証されたんじゃないんですか? 誤データの件はどうなるんです」

川崎は、まだわかっていない。

《一田和樹》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

    gmai.com ドメインは実在、タイプミス誤送信 法人情報流出(新潟県)

  2. 新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

    新型コロナウイルスに関する注意喚起メール誤送信、24事業者アドレス流出(神戸市)

  3. 攻撃プロセスなど不正アクセスに関する情報を共有(三菱電機)

    攻撃プロセスなど不正アクセスに関する情報を共有(三菱電機)

  4. 上野宣氏のような人材も 情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO」正式サービスイン(GSX)

    上野宣氏のような人材も 情報セキュリティ人材のマッチングサービス「vCISO」正式サービスイン(GSX)

  5. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  6. 「情報セキュリティ文化賞」発表、上野宣氏、川口洋氏など6名が受賞(情報セキュリティ大学院大学)

    「情報セキュリティ文化賞」発表、上野宣氏、川口洋氏など6名が受賞(情報セキュリティ大学院大学)

  7. タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

    タイプミスしたメールアドレス実在し数ヶ月「全員に返信」、調査で類似事案も発見(佐賀県)

  8. マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが2月のセキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  9. 不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA)

    不正アクセス原因「設定不備」と並び「不明」もトップ、究明の難しさ反映(IPA)

  10. サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

    サポート終了の「IBM ServeRAID Manager」にリモートコード実行の脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る