「サイバー犯罪特別対処班」を新設、都内での捜査を効率化(警察庁) | ScanNetSecurity
2021.10.18(月)

「サイバー犯罪特別対処班」を新設、都内での捜査を効率化(警察庁)

警察庁は、「サイバー犯罪捜査の効率化等を図るための新たな捜査体制について」を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
警察庁による発表
警察庁による発表 全 1 枚 拡大写真
警察庁は6月20日、「サイバー犯罪捜査の効率化等を図るための新たな捜査体制について」を発表した。これは、サイバー犯罪捜査は地理的無制限性などの特性から、各道府県警察が頻繁に東京都内に出張してプロバイダ等に対する差押えなどを行っている実態があり、捜査活動のさらなる効率化を図る必要があること。また、インターネットバンキング不正送金被害の種事犯の申告が、金融機関の本店からその所在地を管轄する警視庁に集中しており、申告された事犯について、全国警察が協働して効果的な捜査が行えるように、所要の初期捜査および、これにより判明した関係道府県警察との警察庁を介した情報共有等を迅速に行わせる必要があることを受けたもの。

そこで警察庁では、警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課に警視庁の捜査員および道府県警察から派遣される捜査員から編成された「サイバー犯罪特別対処班」を新設、7月1日より運用を開始する。同班では、不正アクセス行為の禁止等に関する法律および児童買春、児童ポルノに係る行為などの処罰および、児童の保護などに関する法律に係る国費認定を受けたサイバー犯罪の事件捜査(ただし、インターネット・ホットラインセンターから通報される違法・有害情報に基づく事件捜査は除く)における、東京都の区域内に所在するプロバイダ等に対する差押え・検証、またインターネットバンキングに係る不正送金事案の初期捜査などを行う。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

    日立グループが2021年12月にPPAP廃止、12/13以降送受信不可

  2. モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」

    モンハンよりも面白い? 攻撃者目線を学ぶ「イエラエアカデミー」PR

  3. NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

    NFT マーケットプレイス「nanakusa」に不正アクセス、一部NFTが外部流出

  4. オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

    オリンパス、EMEA地域に続き今度は米州で不正アクセス被害

  5. NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

    NISC「ランサムウェア特設ページ STOP! RANSOMWARE」を開設、関係機関での取組と紹介

  6. マイクロソフトが10月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済の「Windows(Win32k)の脆弱性」含む

    マイクロソフトが10月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済の「Windows(Win32k)の脆弱性」含む

  7. ちばシティポイント業務委託先の管理サーバに不正アクセス、利用者の情報が流出の可能性

    ちばシティポイント業務委託先の管理サーバに不正アクセス、利用者の情報が流出の可能性

  8. PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

    PureSecureが不適切なパスワード保存テクニックを露呈

  9. ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

    ラック連結業績予想修正し特別損失計上、日本貿易保険元顧問の不適切行為に関与せずも協議長期化のため

  10. 非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

    非対面時代にハイブリッド開催を行う意味 ~ サイバーセキュリティ会議「CODE BLUE 2021」来週開催 会場参加チケット本日迄

ランキングをもっと見る