スパムメールから誤送信まで対策できるメールセキュリティアプライアンス(キヤノンITS) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

スパムメールから誤送信まで対策できるメールセキュリティアプライアンス(キヤノンITS)

キヤノンITSは、スパムメール対策から誤送信対策まで対応可能なメールセキュリティアプライアンス製品「SpamSniper」の取り扱いを開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「SpamSniper」
「SpamSniper」 全 3 枚 拡大写真
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は11月18日、スパムメール対策から誤送信対策まで対応可能なメールセキュリティアプライアンス製品「SpamSniper」の取り扱いを同日より開始したと発表した。ブリッジモードとプロキシモードを選択できるので導入の工数を最小限に抑えることが可能なほか、ユーザ数の制限がなく、ハードウェアのスペックに応じた価格体系となっているため、ユーザ数が増加した場合でも追加費用が発生せず、運用コストを抑えることができる。4製品のラインアップで、価格はオープン価格となっている。

ネットワークレベルでの検査が完了した後、3種類の強力なスパムメールデータベースを使用してコンテンツ内を細かに検査し、スパムメールを排除する。ジランソフト社によるテストでは、デフォルト設定の状態で検知率97%、誤検知発生率ほぼ0%を達成している。また、メールの誤送信対策として、送信メールに対し「添付ファイル暗号化」「上司(決裁)承認」「送信遅延」「添付ファイルリンク変換」などの制御機能を組み合わせ、導入先のセキュリティポリシーに合わせた設定が行える。1台で複数のドメインを管理することが可能だ。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  5. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

  6. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  7. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  8. Intel製品に複数の脆弱性

    Intel製品に複数の脆弱性

  9. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  10. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

ランキングをもっと見る