米国のウェブの詮索を避けるために TorMail のアカウントを取ったって? 実は、そのことなんだが……~昨年 FBI が、そのメールサーバと受信ボックスをコピーしたとの主張(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.08.21(水)

米国のウェブの詮索を避けるために TorMail のアカウントを取ったって? 実は、そのことなんだが……~昨年 FBI が、そのメールサーバと受信ボックスをコピーしたとの主張(The Register)

もしも FBI が本当に TorMail のアーカイブの暗号化されていないデータを持っているのであれば、全面的に安全な匿名化された通信であるという前提で作業をしていた多くのユーザーたちが、実際には脆弱なままだったという可能性がある。

国際 TheRegister
米国連邦捜査局(FBI)は、TorMail ――ユーザーの匿名化を試みる秘匿メールサービス――が利用しているサーバのコピーを持っているようだ。

今週(編集部註:2014 年 1 月最終週)明らかとなった法廷ファイルは、FBI の捜査官が昨年夏に TorMail サーバのコンテンツを手に入れたと記している。米国郵便検査官が提出し、米国下級判事が署名をした申し立て(PDF)によると、そのコピーされたサーバには TorMail の受信トレイの内容が含まれていた。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

    「BIG-IP」に重大な脆弱性、関連情報を紹介(エフセキュア)

  2. 3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

    3,411件患者個人情報流出、データ匿名化するも運用の繁雑さから形骸化(横浜市立大学)

  3. Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

    Apache HTTP Web Server 2.4系アップデート、複数の脆弱性に対応(JVN)

  4. 近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

    近畿地方整備局の保守業務事業者へ標的型メール攻撃、設備資料6件が流出可能性(国土交通省)

  5. シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

    シンガポール子会社に不正アクセス、顧客情報が流出(みずほ銀行)

  6. 不正アクセスでカード情報流出、安全のためサービス再開を断念(HARIO)

    不正アクセスでカード情報流出、安全のためサービス再開を断念(HARIO)

  7. メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

    メール誤送信、添付ファイルサイズ制限で「安心一斉送信システム」使用できず(大阪府)

  8. 毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したか

    毎年アンチウイルスを更新する「攻め」のセキュリティグループはなぜ、CrowdStrike の EDR を選定したかPR

  9. 顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

    顧客情報ファイル誤送信、再発防止としてシステム導入決定(ボルボ・カー・ジャパン)

  10. サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

    サイバー犯罪捜査官、採用選考受付8月1日から(大阪府警察)

ランキングをもっと見る