米国のウェブの詮索を避けるために TorMail のアカウントを取ったって? 実は、そのことなんだが……~昨年 FBI が、そのメールサーバと受信ボックスをコピーしたとの主張(The Register) | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

米国のウェブの詮索を避けるために TorMail のアカウントを取ったって? 実は、そのことなんだが……~昨年 FBI が、そのメールサーバと受信ボックスをコピーしたとの主張(The Register)

もしも FBI が本当に TorMail のアーカイブの暗号化されていないデータを持っているのであれば、全面的に安全な匿名化された通信であるという前提で作業をしていた多くのユーザーたちが、実際には脆弱なままだったという可能性がある。

国際 TheRegister
米国連邦捜査局(FBI)は、TorMail ――ユーザーの匿名化を試みる秘匿メールサービス――が利用しているサーバのコピーを持っているようだ。

今週(編集部註:2014 年 1 月最終週)明らかとなった法廷ファイルは、FBI の捜査官が昨年夏に TorMail サーバのコンテンツを手に入れたと記している。米国郵便検査官が提出し、米国下級判事が署名をした申し立て(PDF)によると、そのコピーされたサーバには TorMail の受信トレイの内容が含まれていた。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

  2. インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

    インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

  3. 「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

    「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

  4. BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

    BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

  6. ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

    ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

  7. IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

    IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

  8. 監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

    監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

  9. 「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

    「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

  10. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

ランキングをもっと見る