7 年目のバグの底知れぬ影響力、CAPTCHA の大混乱~ JQuery Validation Plugin デモスクリプトが修正される(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.18(水)

7 年目のバグの底知れぬ影響力、CAPTCHA の大混乱~ JQuery Validation Plugin デモスクリプトが修正される(The Register)

「このセキュリティのバグは、それが生まれて以来、何万ものウェブサイトに広がってきたように見える。あくまでも大雑把な推測ではあるが、このバグの影響を受けるウェブサイトが 20,000 あったとしても、私は驚かない」

国際 TheRegister
CAPTCHA で利用される jQuery Validation Plugin のデモスクリプトの欠陥(7 年前から存在していた)のおかげで、一晩かけて修復された反射型クロスサイトスクリプティング(reflected XSS)の問題は、数百万ものウェブサイトに影響を及ぼすかもしれない、とオランダのペンテスター Sijmen Ruwhof が語っている。

この CAPTCHA の「深刻な」脆弱性は、2007 年から存在していたものと見られており、それは危険に晒されたサイト(そのデモスクリプトを利用しているサイト)への反射型クロスサイトスクリプティング(reflected XSS)攻撃を通したハイジャックに繋がるものだ。

Ruwhof は 8 月にクライアントペネトレーションテストを行っていた際、偶然、この jQuery Validation Plugin の欠陥に気がついた。それから彼は「jQuery のメンテナンスに関連づけられた複数のメールアドレス」に宛てて、それを何度も通知したものの、耳を傾けられず、パッチは適用されなかったと主張している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. リコー製プリンタや複合機に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    リコー製プリンタや複合機に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  2. 「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

    「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

  3. 架空請求の封筒の実物写真のマスキング処理が不適切、特定のソフトで容易に外せる状態に(神奈川県)

    架空請求の封筒の実物写真のマスキング処理が不適切、特定のソフトで容易に外せる状態に(神奈川県)

  4. 個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

    個人情報記載書類を委託事業者が紛失、今後は書類ではなく暗号化したデータでの報告に切り替え(大阪市)

  5. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  6. 「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

    「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

  7. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  8. 「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

    「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

  9. OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

    OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

  10. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

ランキングをもっと見る