豪州でメタデータの保持にかかるコストは、一人あたり年間で 3.98 豪ドル~豪州の司法長官 George Brandis は、その予算が「データ保持のコストに対する政府の貢献」を明らかにすると主張(The Register) | ScanNetSecurity
2024.07.14(日)

豪州でメタデータの保持にかかるコストは、一人あたり年間で 3.98 豪ドル~豪州の司法長官 George Brandis は、その予算が「データ保持のコストに対する政府の貢献」を明らかにすると主張(The Register)

しかし Brandis は、その立ち上げ時のコストについて言及しなかった。システムの作成や、加入者のデータを保持するためのインフラ構築は安価とならないので、それは重要な要素である。

国際 TheRegister
「メタデータを保持する際にかかりそうな費用」として、豪州の司法長官たちに提供された PricewaterhouseCoopers のレポートは、1 人あたりの中央値で年間 3.98 豪ドル(編集部註:約 360 円)になることを示唆したそうだ。

それは、ほかならぬ討論会「豪州元老院」で、ほかならぬ人物「豪州司法長官 George Brandis」によって語られた言葉だ。

Brandis の発言は、昨日(編集部註:2015 年 3 月 23 日)に開かれた上院会議の議事録(PDF)の 86 ページに記録されており、それは以下のように述べている。

《ScanNetSecurity》

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 臨地実習で個人情報記載の書類を紛失、匿名の届け出で判明(共立女子大学)

    臨地実習で個人情報記載の書類を紛失、匿名の届け出で判明(共立女子大学)

  2. 「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

    「ITパスポート試験」が1位に ~ 日本の資格検定アワード2023

  3. NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

    NTTデータグループ ルーマニア拠点に不正アクセス、ランサムウェアによる攻撃の可能性含め解析を進める

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

    イセトーへのランサムウェア攻撃で豊田市の推定 42 万人分の個人情報が漏えい、被害発生時は契約に基づき対応

  5. 契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

    契約終了後もデータの削除を怠り保存が原因 ~ イセトーへのランサムウェア攻撃で和歌山市の個人情報も漏えい

ランキングをもっと見る
PageTop