【RSA Conference US 2015】ユーザの行動や不審アクセス監視機能をもつ「UserInsight」が米国市場で好感触(Rapid7) | ScanNetSecurity
2019.10.20(日)

【RSA Conference US 2015】ユーザの行動や不審アクセス監視機能をもつ「UserInsight」が米国市場で好感触(Rapid7)

脆弱性管理ソリューション「Nexpose」とペネトレーションテストツール「Metasploit」を活用することで、企業インフラにおける脆弱性の独自スコアリングを提供するRapid7は、今回のRSA Conferenceでも規模の大きい展示ブースを展開している。

特集 特集
シニアセキュリティセールスエンジニアのPatrik Noyes氏
シニアセキュリティセールスエンジニアのPatrik Noyes氏 全 2 枚 拡大写真
脆弱性管理ソリューション「Nexpose」とペネトレーションテストツール「Metasploit」を活用することで、企業インフラにおける脆弱性の独自指標を提供するRapid7は、今回のRSA Conferenceでも規模の大きい展示ブースを展開している。

企業インフラにおける脆弱性をスコアリングする診断ツールは数多く存在するが、脆弱性、エクスプロイト、マルウェアの発見、誤った設定やペネトレーションテストについての情報を関連付けることでより詳細なスコアリング機能を提供できることがRapid7の強みだとシニアセキュリティセールスエンジニアのPatrik Noyes氏は語る。

同社は、脆弱性管理に対するNexposeの能力と、ペネトレーションテストおよびそのリスク検証に対するMetasploitの能力を統合することで、セキュリティリスクを見つけ出すことができるという。同社はこれらのデータをもとに、リスクの優先順位を定量化し、リスク緩和および改善戦略につながる提案を行っている。

これらは、日本でもすでに展開されているソリューションで、日本からの問い合わせも受けていると話すNoyes氏は、社内ユーザの行動分析や、例外的なアクセスの監視を行うことができる「UserInsight」が米国市場で足がかりを掴みつつあると話す。

社内システムへの侵入者を素早く検知する機能、ハニーポットを活用した違法なネットワークスキャンの検知、第三者によるセキュリティブリーチを可視化する機能などが評価されているという。今後日本の市場においても、Rapid7が注力してくる可能性がある。

今回のRSA Conferenceにおける来場者の反応もよく、セキュリティに対する根本的な問題意識が向上している感触があると語るNoyes氏。同社のブランドとソリューションが今後どのように日本で定着していくのか、興味深いところだ。

《湯浅 大資》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

    「Pulse Secure SSL VPN」に任意コマンド実行など複数の脆弱性(JVN)

  2. インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

    インシデント21%、フィッシングサイト46% 報告件数増加(JPCERT/CC)

  3. 「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

    「お取り寄せページ」へ不正アクセス、最大18,855件のカード情報が流出(京都一の傳)

  4. BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

    BIND 9.xに2つの脆弱性、アップデートを呼びかけ(JPRS、JVN)

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第39回 「セキュリティがときめく片付けの魔法」

  6. ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

    ペネトレーションテスターが業務中に逮捕される、“信じられないほどの不手際が重なった” のか(The Register)

  7. IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

    IoT機器によるDDoS攻撃の代行は月額40ドル--地下市場調査(トレンドマイクロ)

  8. 監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

    監視カメラが撮影した顔画像のプライバシー保護技術提供、欧州GDPR規制等 背景(凸版印刷)

  9. 「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

    「Ameba」検証作業用の内部資料を誤ってインターネット上で公開(サイバーエージェント)

  10. インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

    インターコムクラブへパスワードリスト型攻撃、ポイントの不正交換も確認(ジャックス)

ランキングをもっと見る