OSレベルで指紋認証機能を搭載した次期「Android M」を発表(Google) | ScanNetSecurity
2024.06.15(土)

OSレベルで指紋認証機能を搭載した次期「Android M」を発表(Google)

 Googleは28日(現地時間)、米サンフランシスコで開催した開発者向けカンファレンス「Google I/O 2015」において、次期Android OSとなる「Android M」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
グーグルの上級副社長を務めるスンダー・ピチャイ氏がキーノートに登壇 (c) Getty Images
グーグルの上級副社長を務めるスンダー・ピチャイ氏がキーノートに登壇 (c) Getty Images 全 5 枚 拡大写真
 Googleは28日(現地時間)、米サンフランシスコで開催した開発者向けカンファレンス「Google I/O 2015」において、次期Android OSとなる「Android M」を発表した。Lollipopに続く次期OSだが、現時点では菓子名ではなく、単なる「M」となっている。バージョン(Android 5.2なのか6.0なのか)も明らかになっていない。

 まずはアプリの「パーミッション(許可)」が改善される。現行ではインストール時に一括して位置情報や連絡先、カメラなどへのアクセスが求められるが、「Android M」ではアプリ使用時にアクセスを許可できるようになる。また、一括許可ではなく、ジャンルごとに許可できるようになり、アプリによってはアドレス帳にはアクセスしてほしくないといったときに、それを選択できるようになる。

 バッテリ面では「Doze(休眠)」モードが設けられた。これは現行のスリープ中よりもさらに通信回数を減らして、バッテリをより長持ちさせるというもの。スリープ中もメールやSNSなど数分ごとにデータを更新しようとするアプリが多いが、この更新回数を減らすことでロングライフを実現する。現行のスリープと「Doze」を比較したところ、使用時間が約2倍に延びたとしている。また、USB Type-Cをサポートし、高速の充電やデータ転送に対応する。

 音声検索のGoogle Nowも強化された。「Now on tap」と呼ばれる新機能が追加され、状況に応じて必要な情報を提供してくれる。たとえばメッセージで映画について語っているときに、ホーム画面を長押しすると、その映画の情報や上映館などのリンクが現れ、Google Nowのアシストを受けられるようになる。

 このほか、OSレベルで指紋認証機能を搭載。デバイスのロック解除、Play Storeでの認証に利用できる。また、モバイル決済プラットフォーム「Android Pay」をサポート。NFCと指紋認証機能を使って支払いが完了できるようになる。

Google、次期OS「Android M」を発表……指紋認証搭載や省電力強化図る

《関口賢@RBB TODAY》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  2. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  3. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  4. 海外サイトに顧客情報が掲載 ~「転職支援サイト」 に不正アクセス

    海外サイトに顧客情報が掲載 ~「転職支援サイト」 に不正アクセス

  5. 「ネクストレベル」に不正アクセス、496,119 件のワーカーの個人情報流出

    「ネクストレベル」に不正アクセス、496,119 件のワーカーの個人情報流出

  6. IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

    IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

  7. 不正アクセス 盗まれたのは公式サイトのドメイン

    不正アクセス 盗まれたのは公式サイトのドメイン

  8. 九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

    九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

  9. 最高裁判所 メール誤送信

    最高裁判所 メール誤送信

  10. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

ランキングをもっと見る