タニウム社の脅威検索プラットフォームをインシデント対応サービスに活用(PwC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.25(火)

タニウム社の脅威検索プラットフォームをインシデント対応サービスに活用(PwC)

PwCは、エンドポイントにおける脅威検索プラットフォームを提供するタニウム合同会社と、エンドポイントセキュリティにおける協業を開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
「リアルタイムインシデントレスポンスサービス」の概要図
「リアルタイムインシデントレスポンスサービス」の概要図 全 1 枚 拡大写真
プライスウォーターハウスクーパース株式会社(PwC)は10月5日、エンドポイントにおける脅威検索プラットフォームを提供するタニウム合同会社と、エンドポイントセキュリティにおける協業を開始したと発表した。この協業により、サイバー攻撃の観測・分析活動を行うPwCの専門チーム「スレットリサーチラボ」が、タニウム社のプラットフォームを活用し、マルウェア感染状況・侵入経路の把握と駆除を行う「リアルタイムインシデントレスポンスサービス」を提供する。タニウム社のプラットフォームを活用した同サービスの提供は、国内初となる。

タニウム社のプラットフォームは、15秒以内に数百万台のエンドポイントから情報を取得し、即座にレスポンスが可能になるリアルタイム性を備える。「リアルタイムインシデントレスポンスサービス」は、同プラットフォームを活用して組織ネットワークを監視し、組織内における潜在的な脅威の把握をはじめ、インシデント発生時にマルウェアの侵入経路を短時間で分析し、マルウェアを駆除する。同サービスにより、従来のネットワーク監視のみでは実現できなかった迅速な対応を可能にする。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

    モリサワフォント不正使用、和解に市場流通価格上回る約1,100万円支払(ACCS)

  2. ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

    ランサムウェア被害、プライドを捨て財布を開く時期? - 調査会社提言(The Register)

  3. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  4. 脆弱性のあるリモートデスクトップサービスを探索するアクセスが増加(警察庁)

    脆弱性のあるリモートデスクトップサービスを探索するアクセスが増加(警察庁)

  5. 「Apache Tomcat」に、DoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

    「Apache Tomcat」に、DoS攻撃を受ける脆弱性(JVN)

  6. LinuxおよびFreeBSDカーネルに、DoS攻撃を受ける複数の脆弱性(JVN)

    LinuxおよびFreeBSDカーネルに、DoS攻撃を受ける複数の脆弱性(JVN)

  7. 「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

    「Firefox」にクラッシュを引き起こされる脆弱性、攻撃も確認(JPCERT/CC)

  8. アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

    アジア・パシフィックISLA、米川敦氏ら日本人3名が受賞((ISC)2)

  9. LAN内の“無管理のIoT機器”をリスト化、個人は無償で利用可能(アズビル セキュリティフライデー)

    LAN内の“無管理のIoT機器”をリスト化、個人は無償で利用可能(アズビル セキュリティフライデー)

  10. 世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

    世界のサイバーインテリジェンスサミット開催(マキナレコード)

ランキングをもっと見る