【RSA Conference USA 2016】クリエイティブなセキュリティ人材を育てる組織文化~RSA キーノート | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.06.18(火)

【RSA Conference USA 2016】クリエイティブなセキュリティ人材を育てる組織文化~RSA キーノート

「我々は、アンチウイルス、サンドボックス、次世代ファイアウォールなどの防衛的な技術が、今後も我々の安全を確保するかのようなふりをしている──そうはならないと知っているにも関わらず」

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
Amit Yoran, RSA President
Amit Yoran, RSA President 全 4 枚 拡大写真
2月29日(現地時間)、世界最大級のサイバーセキュリティイベント RSA Conference がサンフランシスコのモスコーンセンターで開幕した。RSA Conference US 2016 は今回で 25 回目の開催。3月1日に行われたキーノートスピーチには、開場前から、一辺 100 メートルを超えるコンベンションセンターをほぼ半周する入場待ちの列ができた。

RSA の Amit Yoran はキーノートの最初に登壇し、米保険企業 Anthem などのデータ侵害事件、不倫専用出会い系サイト Ashley Madison の会員情報流出事件、そして米中の間で結ばれた和平協定など、2015年に起きたセキュリティ関連の主要なインシデントやニュースを振り返りながら、セキュリティ業界の現状を語った。「大企業の情報セキュリティ予算のうち、迅速な発見と反応のアプローチに割り当てられる割合が、2020 年までに(2014 年と比較して約 6 倍の)60% に上昇する」というガートナーの試算を紹介したのち、Yoran は次のように指摘した。

「我々は、アンチウイルス、サンドボックス、次世代ファイアウォールなどの防衛的な技術が、今後も我々の安全を確保するかのようなふりをしている──そうはならないと知っているにも関わらず」

Yoran は、インシデントの防止のみに投資する従来型のセキュリティを「過去にしがみついた」セキュリティと表現し、「我々には、エンドポイントの理解と共に、ネットワークを完全に可視化することが求められており、セキュリティの将来の鍵は、全体像を理解する『包括的な可視性』に依存している」という点を強調した。

さらに彼は、サイバーセキュリティにおける「敵」に関して、「彼らのほうが優れた技術を持っているのではない。彼らはよりクリエイティブで忍耐強く、執着心が強く、明確に定めた標的だけをひたすらに求めている」との見解を示し、そのような攻撃者たちに対応できる「ハンター」を育成する組織文化の必要性を訴えた。セキュリティ業界は、人間の知的なクリエイティブさを重視するべきだと彼は説く。

Yoran は「(セキュリティ専門家の)人材不足のことは分かっているが、うだうだと文句を言わない!」と前置きしたうえで、「セキュリティの人材に豊かな発想を与えるためには、彼らの邪魔をしないこと、彼らの好奇心や興味を育てること」が重要だと説明している。

人々にセキュリティを学ばせるための機会を与える政府のポリシーも必要だと語った Yoranは、「サイバーワールドは危険な場所だが、それを避けることは不可能である」「我々の業界は目覚めなければならない」と結んだ。

《》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

    パスワードリスト攻撃による不正ログイン、カード不正利用確認(イオン銀行、イオンクレジットサービス)

  2. 「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    「NOTICE」と合わせ、感染IoT利用者にも注意喚起(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  3. フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

    フィッシング詐欺キットに脆弱性、ターゲットは二度被害に遭う可能性(The Register)

  4. Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

    Webサイトのサーバに第三者から不正アクセス、ウイルス感染や情報流出は確認されず(日邦産業)

  5. 「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)

    「脆弱性診断の内製化」セミナー、体験会も同時開催(SHIFT)PR

  6. PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

    PostgreSQL において COPY 文の権限設定不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  7. 約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

    約5,000枚の「振替払出書」と「振替払出証書」を紛失、誤廃棄の可能性(ゆうちょ銀行)

  8. Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

    Vtuber支援サービスでユーザーのメールアドレスが流出、暗号化されたパスワードの脆弱性も判明(ZIG)

  9. 決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

    決済画面書き換えカード情報窃取(熊本ワイン)

  10. セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

    セブン銀行を騙るフィッシングSMSに注意を呼びかけ(フィッシング対策協議会)

ランキングをもっと見る